CATEGORY:ダイワハウス

元住宅営業マンの体験あり!ダイワハウスの評判・口コミ

ミト

ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在は「どのハウスメーカーにも属さない立場」から、お家づくりに必要不可欠なお役立ち情報を提供しております。

当サイトにお越しいただいた方々には、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」をお持ち帰りいただきたいと思っております。

今回は、元住宅営業マンである管理人の経験や、当サイトに寄せられた口コミをもとに「ダイワハウスの評判・口コミ」についてお伝えしていこうと思います。

ハウスメーカー選びで迷われている方や、今後総合住宅展示場へ足を運ぶ予定の方は、是非参考にしてみてください。

ダイワハウスの気になる評判

マイホーム計画を考えられている方や、住宅展示場へ足を運んだことのある方であれば、ダイワハウスの名前を耳にすることも多いのではないでしょうか?

「ダイワハウスってよく聞く名前だけど、ハウスメーカーの大手企業だよね?」

「具体的な評判に関してはなかなか情報を仕入れられていないんだよね…」

一方で、このように名前はよく聞くんだけど、実情はさほど知られていないことも。ダイワハウスの評判を調べていくうえで明らかになりました。

ダイワハウスは戸建て住宅のCMで「ダイワワン」でお馴染みのハウスメーカーですよね。

また、賃貸住宅(集合住宅)の口コミが多いように、戸建てだけではなくアパートなどの大型物件にも力を入れて取り組んでいるように感じます。

今回はマイホーム計画に焦点を当てているため、「戸建て住宅」に関するダイワハウスの評判を、会社概要や住宅・会社の特徴から、また口コミや「管理人ミトが住宅営業を仕事にしていた時代に競合した」経験などからご紹介していこうと考えております。

山本家ご主人

山本家ご主人
ミトさん、ダイワハウスは僕の実家でもあるんだ!だから「実際に住んでみた感想」などは、今回は僕にも伝えさせてよ!
ミト

ミト
本当ですか?ありがとうございます。では、今回は山本さんもご一緒におつきあいいただきたいと思います。

まずは、会社概要から見る「ダイワハウスの評判」についてお伝えしていきます。

「会社概要」から考察するダイワハウスの評判

ダイワハウスの会社概要は下記の通りです。

会社名 大和ハウス工業株式会社
創業 昭和30年4月5日
資本金 1,616億9,920万1,496円
代表取締役社長 芳井 敬一
従業員数 15,725名(平成29年4月1日現在)
売上高 1,720,394百万円(平成29年3月期)
本社 大阪市北区梅田3丁目3番5号
扱う住宅構造 鉄骨造住宅 木造住宅
販売エリア 全国の都道府県
住宅販売戸数 約9,500戸(「住宅産業新聞(2017年6月)」のデータを参照 )
理念 共に創る。共に生きる。

以上がダイワハウスの会社概要になります。

山本家ご主人

山本家ご主人
ミトさん、僕の実家のダイワハウスは「鉄骨造の家」なんだけど、木造の商品モデルもあったんですね!
ミト

ミト
そうですね。ダイワハウスは「鉄骨と木造」の両刃の販売スタイルを確立しております。しかし、主に販売数を伸ばしているのは「鉄骨造の商品」であると思われますね。

ダイワハウス工業は「住宅の工業化を叶えたパイオニア」

口コミ・評判の中には

「鉄骨住宅を最初に作ったのはダイワハウスである!」

というようなものもありましたが、事実確認はできませんでした。

しかし、ダイワハウスは「プレハブ住宅」を世に広めたパイオニアであることは間違いありません。

「ダイワハウスHPより:http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/index.html」

このように、「Pre-fablication(プレファブリケーション)=予め製造された」な住宅の原点となる「ミゼットハウス」を1959年の段階で思案し、「プレハブ住宅」について全く知られていない時代から、住宅のプレハブ化を計画していたのがダイワハウスです。

山本家ご主人

山本家ご主人
なんでダイワハウスはプレハブ住宅に早期的に着目していたんだろう…?
ミト

ミト
はい。上記の会社概要からも分かるようにダイワハウスは「大和ハウス工業株式会社」の住宅メーカーなのです。
山本家ご主人

山本家ご主人
ふむふむ。
ミト

ミト
つまり、住宅の工業化をすることを、事業発足時からの一つの理念に置いてきたのですね。
山本家ご主人

山本家ご主人
「共に創る。共に生きる。」という理念もありますしね。
ミト

ミト
はい。当時では「住宅の工業化」なんて考えは全くありません。しかし、プレハブ住宅であれば「短期間で品質のばらつきなく多くの人たちに安心して暮らせる住宅を提供できる」メリットが秘められており、ダイワハウスは早々にこのメリットを意識して住宅造りを進めてきたのです。

そのような歴史的背景からも、

「ハウスメーカーの大手はダイワハウス」

「会社の信頼感がとても大きい」

というような評判が、ダイワハウスではよく囁かれているのだと考察できます。

全国各地で販売展開を実施

ダイワハウスでは、全国各地での戸建住宅販売を行っております。

それも、「沖縄県」や「北海道」を含む47都道府県で展開していることが確認できました。

他の大手ハウスメーカーであっても、例えば積水ハウスやセキスイハイムでは「沖縄県」での販売は展開できていませんし、ヘーベルハウスに関しては「沖縄県・北海道」の他に「東北地方・北陸地方」「九州地方の一部」などでは販売展開をしておりません。

そんな中で、「温暖気候の沖縄県」から「寒冷気候の北海道」まで販売展開を行っておりますので、断熱性能・快適性能に関しては、安心感が持てるかもしれません。

ダイワハウスと比較検討されるメーカー

私が住宅営業マンとして働いていた経験や、アンケート調査の結果から、ハウスメーカー選びにおいてダイワハウスと比較検討をよくおこなわれる会社は下記の通りです。

●ダイワハウスと比較検討されるハウスメーカー●

  • 積水ハウス
  • ヘーベルハウス
  • セキスイハイム

このように、大手ハウスメーカーであり、かつ「鉄骨造住宅」に定評があるハウスメーカーを比較検討されているお客様が多いことがわかります。

ダイワハウスの「耐震性」や「会社信頼度」の評判が高いこともあるでしょうし、その指標から比較検討したいと考えられるメーカーにも一貫性が現れていたので納得です。

「ハウスメーカーの特徴」から考察するダイワハウスの評判

では次に、「ダイワハウス住宅・会社の特徴」から評判を考察していきます。

以下は、ダイワハウスに関する特徴を「会社の規模感・信頼度」「家の性能」「間取り・外観等のデザイン」「坪単価(お求めやすさの度合い)」「保証・アフターサポート」「住宅営業マンの対応力」といったような多角的な項目内容別にまとめた評判のサマリーデータです。

●参考データ●

※「マイホームプランナー宛にいただいた口コミ情報」「管理人ミトが住宅営業として働いていた時に身をもって確認した事実情報」「管理人ミトが対応したお客様・ご契約者さまの感想・口コミ」「住宅産業新聞のデータ」「オリコン顧客満足度調査のデータ」等を総合的に加味した上で独自で作成した参考データになります。

この項目の内容に沿いながら、ダイワハウスの評判について見ていくことにしましょう。

会社の規模感・信頼度

ダイワハウスの会社に対する口コミや評判の内容に関して、

  • 「ダイワハウスは会社信用が大きい」
  • 「安心してマイホーム計画を任せることができる」
  • 「建てた後も末長くサポートしてもらえそう」

というような評判が多いですが、

  • 「創業50年以上経った今でも住宅業界のトップを走っている」
  • 「集合住宅やリフォーム部門にも事業展開しているため、今後の経営も一定の安心感を感じられる」
  • 「年間着工戸数も毎年トップクラス」

というような「会社基盤」「業績内容」に起因した評判だと考えられます。

山本家ご主人

山本家ご主人
僕の親に話を聞いたんだけど、ハウスメーカー決定の理由に「会社に対する安心感」が入っていました。
ミト

ミト
そのように感じてダイワハウスを選ばれる方が多いのが、この評判が事実だという何よりの証拠でしょうね。

家の性能

ダイワハウスの評判の中には、

「耐震性に安心したので契約した!」

という声が最も多く確認することができました。

その評判を裏付ける技術・対策内容を調べて見ましたので、是非参考にして見てください。

xevoΣの耐震性

「ダイワハウスHPより:http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/index.html」

まず、このデータから分かるように、ダイワハウスの商品「xevoΣ」では、阪神淡路大震災の揺れの大きさ(169kine)を上回る(175kine)という未だかつて観測されていないような大型地震の震度で実験を重ね、その揺れを4回連続で与えたとしても新築時の耐震性能を維持していることが実証されました。

「ダイワハウスHPより:http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/index.html」

よく、

営業マン

営業マン
建築基準法上の耐震性は問題なくクリアしております!

という住宅営業マンがおりますが、ダイワハウスの場合は、その建築基準法上で想定されている地震よりもさらに大きな震災が起こったことまで想定して商品開発を行なっているのですね。

強固な耐震性を支える「D-NΣQST」

そのような、ダイワハウスの優れた耐震性を実現させている理由は

・80mm型の角型鋼管柱
一辺80mmの強固な管柱を建物の構造柱として採用。

・立ち上がり幅180mmの一体性の高い「布基礎」
建物全体のバランスを維持しながら基礎から建物をしっかりと支える。

・Σ型デバイス
断面形状がΣ型の接合部材を採用することで、柱や梁の損傷を軽減させる

などの対策が組み込まれた「D-NΣQST」と呼ばれる構造です。

「D-NΣQST」の特徴としては、

  1. 耐震性…震度7にも耐えられる耐震性
  2. 吸収性…建物の揺れを最小限に食い止める
  3. 持続性…高い耐震性能を維持する

ことが挙げられ、建てた後の暮らしに安心をもたらします。

外張断熱を採用しているが、いくつか懸念点も…

ダイワハウスの断熱構法は「外張断熱」構法です。

「ダイワハウスHPより:http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/index.html」

断熱構法には2種類存在し、

  • 充填断熱…構造体の間(柱と柱など)に断熱材を詰め込んむ。
  • 外張断熱…構造体の外側(外壁側)から構造体をすっぽり覆うように断熱。

という考え方があります。

ダイワハウスの外張り断熱は、「外張り断熱通気外壁」を設けてはおりますが、構造体となる柱に関しては断熱材が途切れているため、完全なる外張り断熱とは考えにくいのが現状です。

また、壁内の空洞部分に関しては「繊維性の断熱材」を充填断熱同様に使っているため、万が一

「土台の配管・配線部分の空洞から外気温が直接侵入」
「室内のコンセント穴や配管などから、室内温度が直接構造内に侵入」

することになると、充填断熱材内部で壁内結露が生じ、断熱材が水分を含んで重みを増した結果、ずれ落ちてしまう可能性も考えられます。

「空洞や配管口を防いで隙間がない」ことを「気密測定」等を行なって実証していれば問題ありませんが、残念ながらそのデータは公表されていないため確認ができません。

本来「鉄骨」の構造体と「外張断熱」はとても相性が悪いので、果たしてどこまで断熱を徹底できているのかには疑問を感じてしまいます。

山本家ご主人

山本家ご主人
僕の実家では、夏場だったら本当に暑さがこもって大変ですし、特に冬場に関しては、「暖房をつけていても床下からの底冷えがひどい」ので、体感温度は暖房有る無しに関わらず寒かったなぁ…
ミト

ミト
おそらく山本さまのご家族さまが建築された頃は外張り断熱構法はなかったと思われますが、やはり鉄骨の素材を扱っている上では「快適性」を損なう可能性が高いと判断できますね…

このように「室内の温度」に関するネガティブな評判が多いこともあるので、ダイワハウスの断熱構法に関しては「断熱性UA値」「気密性C値」の数値も合わせて詳しく質問することが重要ですね。

間取り・外観等のデザイン

間取りや外観のデザインに関しては、「全ての商品企画」で自由設計が可能かどうかは微妙です。

私の友人の情報では、

「そこまでこだわった間取り・外観は作成できなかった」

「自分たちの自由に考えた間取りを失言させられるのは、坪単価が80万円を超える企画モデルだった」

という評判・口コミもございます。

(商品企画の落とし穴に関してはこちらの記事にて詳しく解説しております。)

「ダイワハウスHPより:http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/index.html」

一応、「Team xevo」と名付けられた「各専門スタッフが参画したデザイン提案」が可能なことは確認できますが、

  • 契約後の打ち合わせから設計士が入る可能性
  • 坪単価の低い商品提案に関しては営業マンの間取り作成スキルで事足りる

可能性もございますので、「自分たちが提案されている商品企画」の自由度や、設計の参画可否については、契約前の段階で確認しておく必要があるでしょう。

ただ、金額をかける場合であれば、「平家住宅」であったり「吹き抜けのある間取り提案」を実現させられそうです。

坪単価(お求めやすさの度合い)

ダイワハウスの坪単価は「坪55万〜80万」と、大きな価格差を確認することができました。

扱っている商品企画タイプによっては、

  • 「間取りの自由度が極端に低い」
  • 「断熱構法にこだわっていない」

などの理由で坪単価を低くしている可能性があります。

間を取ると「坪65万〜75万」が一般的に多く販売されている商品価格層だと考えられますが、ダイワハウスでの提案を今後受けられる方は、必ず「どの商品企画タイプで話をされているのか」「その商品企画が実現できる間取り・外観の幅」「坪単価」について確認しておくことをおすすめします。

保証・アフターサポート

「ダイワハウスHPより:http://www.daiwahouse.co.jp/jutaku/index.html」

保証に関してはハウスメーカーで考えれば「並」でしょう。

構造体の主要部分に関しては20年保証

まず、ダイワハウスの保証内容に関しては20年保証が初期設定でついております。

瑕疵担保責任で定められている「構造上主要な部分の保証期間」に関しては10年間ですから、20年間の保証内容は手厚いと考えられます。

しかし、「雨漏りなどの薄いを侵入する部分」の保証に関しては15年と「5年間」短いことが確認できました。

この点は、20年間保証を謳っているハウスメーカーには少々劣りますね。

▼2019.3.26 追記▼

ダイワハウスの保証内容は、2019年以降、下記の商品タイプについては、引き渡し後30年間の長期保証へ拡充されました。

  1. xevoΣ
  2. xevoΣ PREMIUM
  3. xevoGranWood
  4. PREMIUM GranWood

※なお、それ以外の商品に関しては、従来の保証と同様でございます。

50年間点検サポートを謳っているが…

一方でアフターサポートに関しては「AQプログラム」という名前の50年間点検サポートを実施しております。

しかし、HP上の※印をよく見てみると「※20年目以降は有料点検」という記載がありますので、実質無料で点検サポートを受けられるのは「構造上主要な部分に関しては20年」で、「雨水の侵入部分」では15年、「防蟻内容」に関しては10年までです。

セキスイハイムの「60年間無料点検サポート」と同じような感覚で「50年間点検サポート」と受け取ることは避けましょう。

▼2019.3.26 追記▼

ダイワハウスのアフターサポート内容は、2019年以降、下記の商品タイプについては、引き渡し後25年間の長期保証へ拡充されました。

  1. xevoΣ
  2. xevoΣ PREMIUM
  3. xevoGranWood
  4. PREMIUM GranWood

※なお、それ以外の商品に関しては、従来と同様の内容でございます。

山本家ご主人

山本家ご主人
お金を払ってでも点検に来て欲しいとは、なかなか考えにくいですものね…
ミト

ミト
アフターサポートの点検は「健康診断」と同じように、悪い部分の「早期発見・早期治療」です。「何かあってから」の補修ではなく、何か起こる前に対策を打てる体制を整えられるかがポイントになってきます。

住宅営業マンの対応力

ダイワハウスの営業マンは、比較的「冷静で穏やかなサポート姿勢」を意識されている方が多い印象があります。(地域や人によっては当然違いがあると思います)

しかし、一度関わりを持つととことん関係を続けようとする営業マンが多い、という評判・口コミもありますので、「ダイワハウスでの契約は考えていない」人は「最初から連絡先を教えない」か「はっきりとお断りをする」ことをおすすめします。

口コミから知るダイワハウスの評判

ダイワハウスの口コミを掲載しておきます。

53歳 男性

53歳 男性
ダイワハウスの保有する分譲地が当選したので、そのままダイワハウスで契約しました。
担当してもらった営業さんからは、20年ほどたった今でも年賀状をいただきます。アフターサポートに関してもしっかりやってくれているので安心です。ただ、掃き出し窓の冊子の不具合や設備関係の不具合などが多い点は気になります。
35歳 女性

35歳 女性
阪神淡路大震災を経験しているので、高い品質と耐震性を求めて住まいづくりをしておりました。ダイワハウスのこれまでの実績や、構造の仕組み(?)などに安心感を持てましたので、契約に至りました。
40歳 女性

40歳 女性
家族で相談しながらダイワハウスで契約しましたが、冬場は本当に寒いです。なので、一日中エアコンを回しているため光熱費がバカになりません。今の家であれば多少マシなのかもしれませんが…
42歳 男性

42歳 男性
建てて10年ちょっとになりますが、外壁材の汚れがひどいです。メンテナンスを早々に呼ばないといけないのかなと考えております。

ダイワハウスの評判・口コミをいただいた方々は「30代後半〜40代後半」の方が多かったように感じます。

この口コミから考えられるダイワハウスの評判として、

  • 営業マンの対応は、建てた後もしっかりと行なってもらえる
  • 耐震性・会社信用を感じる方も多い
  • 構造タイプ・商品モデルによってはライフサイクルコストが高い

ということが考えられます。

私が競合した経験から伝授したいダイワハウスの評判

私が住宅営業マンの仕事をしていた中で、ダイワハウスと競合することも少なくありませんでした。

現場で直に関じた「ダイワハウスの印象」について、経験者が語る評判としてお伝えさせていただきます。

ミト

ミト
ダイワハウスを検討されているお客様は大手ハウスメーカー思考の方が多いことは間違いありません。ダイワハウスの営業さんと話したことが2~3度あるのですが、競合することが最も多いハウスメーカーとして「積水ハウス」を挙げておりました。
ミト

ミト
営業所ごとに雰囲気が異なるかと思いますが、私が滞在していた総合展示場のダイワハウスの営業マンは「大人びた冷静な雰囲気」の営業マンが多かったように感じます。
ミト

ミト
直接ダイワハウスの営業マンに「ダイワハウスの弱点ってあるの?」と聞いたところ、自信を持って「ないね!」と言っておりました。しかし、「だからこそ、金額は他のハウスメーカーよりも高い」ということも言っていたので、金額に関してはある程度の覚悟が必要かもしれません。

ダイワハウスで建築するのに向いている人はこんな人

これまでの評判から考えられる「ダイワハウスでの建築が向いている人」はこのような方々です。

●評判から考えられる「ダイワハウスでの建築が向いている人」●

・建てた後も末長くサポートを続けてもらえるハウスメーカーで契約したい方

・ある程度の資金計画が成り立つ方(所得的にも、住宅ローンの借入額的にも)

・有料であったとしても、アフターサポートの充実度を捨てられない方

このような方々は、ダイワハウスでの建築が向いていると考えられます。

まとめ…ダイワハウスと他社を比べてみることの重要性

いかがでしたでしょうか?

今回は、私の住宅営業時代の体験談を含めながら、ダイワハウスの評判・口コミに関して、様々な観点からご紹介してまいりました。

  • ダイワハウスで家づくりを検討している
  • 別のハウスメーカーで契約しようか迷っている
  • これからハウスメーカーの展示場を見学に行く

このような方々は、ぜひ、事前に「建築会社の間取り・見積もり」を一括請求しておきましょう。

➡︎間取り・見積もりと会社カタログの無料請求はこちら

今後、ハウスメーカーの営業マンから提示される間取りや見積もり価格に、「ちょっと待った!◯◯って何でこうなってるの?」と、おかしな点を指摘できるようになり、損をしない家づくりを行う役に立つはずです。

自宅から、スマホでもPCでも5分ほどで入力が完了し、600社を超えるハウスメーカーから一括で無料請求ができますので、ぜひ使ってみてください。

➡︎無料請求した間取り・見積もりのサンプル、請求の手順・流れを知りたい人はこちら