CATEGORY:トヨタホーム

気になるトヨタホームの評判・口コミを元住宅営業マンが徹底解明!

ミト

ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在は「どのハウスメーカーにも属さない立場」から、お家づくりに必要不可欠なお役立ち情報を提供しております。

当サイトにお越しいただいた方々には、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」をお持ち帰りいただきたいと思っております。

今回は、元住宅営業マンである管理人の経験や、当サイトに寄せられた口コミをもとに「トヨタホームの評判・口コミ」についてお伝えしていこうと思います。

ハウスメーカー選びで迷われている方や、今後総合住宅展示場へ足を運ぶ予定の方は、是非参考にしてみてください。

トヨタホームの気になる評判

「トヨタホームって、あのトヨタ自動車のハウスメーカーなんですか!?」

「名前は聞いたことはあるけど、実際の評判ってどんな感じなんだろう…?」

住宅展示場を見学に行かれた方の中には、トヨタホームの展示場を見かけられたことがある方も少なくはないと思います。

トヨタホームはトヨタ自動車を始め、多くのトヨタグループの支援によって展開されているハウスメーカーです。

一方で、実際のところのトヨタホームの評判や家の特徴についてはわからないことが多いまま…という方も意外に多いですよね?

昨今、インターネット上には様々な評判や口コミが行き交っており、「どの情報が正しいのか」、その判断が難しくなっておりますので、信憑性の高い情報を取捨選択することが難しくなっております。

それほどに「トヨタホームの情報を知りたい!」と考えられている方は年々増加しているようにも感じます。

なので今回は、トヨタホームの「会社概要」「家の特徴」の揺るぎない確定情報から、また一方で、実際に当サイトに寄せられた口コミや、管理人が住宅営業として働いてきた中で触れたリアルな情報を元に、多角的な観点からトヨタホームの評判や口コミについて考察していこうと考えております。

他のハウスメーカーの評判・口コミについても当サイトではまとめているので、合わせて比較しながら「トヨタホームって私たちのマイホーム計画には向いているのかな?」という視点で見てみてください。

(また、わざわざ住宅展示場へ行くのも大変だな…と感じられる方であれば、「無料の資料一括請求サービス」が、時間的にも金額的にも労力的にもオススメです。気になられる方は合わせてご確認ください。)

山本家ご主人

山本家ご主人
ミトさん、トヨタホームの評判や口コミってどんな感じなんですか?ちょっとトヨタホームが気になっているんです…
ミト

ミト
はい。ではまず、トヨタホームの会社概要から、評判・口コミについて考察していこうと思います。

「会社概要」から考察するトヨタホームの評判

トヨタホームの会社概要は以下の通りです。

会社名 トヨタホーム株式会社
設立 2003年4月1日
資本金 129億円
代表取締役社長 山科 忠
従業員数 単体755名(2016年3月期)
売上高 867億9400万円(2017年3月期)
本社 〒461-0001 名古屋市東区泉1丁目23番22号
扱う住宅構造 鉄骨造住宅 (木造住宅も販売予定)
販売エリア 関東・関西・宮城県・福島県・山梨県・長野県・静岡県・岐阜県・愛知県・岡山県・広島県・山口県・福岡県・佐賀県・大分県・熊本県
住宅販売戸数 約5,000戸(「住宅産業新聞(2017年6月)」のデータを参照 )
理念 人生をごいっしょに。

以上がトヨタホームの「会社概要」になります。

山本家ご主人

山本家ご主人
トヨタホームは鉄骨系のハウスメーカーなんですね。
ミト

ミト
そうですね。しかし、今後「木造住宅」の販売も本格的に開始することが囁かれています。

トヨタホームは鉄骨住宅を販売する新参者

トヨタホームの評判・口コミの中には、

「私たちのエリアではトヨタホームなんて聞いたことないけど、そんな会社あったんですね」

というような内容のものも存在しております。

それは、会社概要を見ても分かるように、

関東や関西、愛知県、その他各エリアの主要都市近辺での販売展開を行ってるため、東北や四国・九州の一部では住宅販売をしていないハウスメーカーになります。

理由の一つとして、トヨタホームが設立されたのは2003年の4月1日と「他のハウスメーカーと比べて歴史が浅い」ことが挙げられます。

「まだ知られていないハウスメーカーでは、あまり建てたくないな」

というような口コミもありますが、他のハウスメーカーでは「1940〜1960年頃」から本格的に住宅事業を始めておりますので、その1/3ほどの時間の中でここまで販売エリアを拡大できたのは、会社の勢いを感じる一つのポイントと考えることもできないでしょうか?

特に本拠地「名古屋」ではシェアNo,1を確立してるため、決して会社に不安を抱くばかりの情報源しかないということはないでしょう。

山本家ご主人

山本家ご主人
ミトさん、なんでトヨタホームは名古屋でそんなに多くのシェアを確保できてるの?
ミト

ミト
それは、トヨタホームが「トヨタグループ」の傘下にあるからでしょう。

トヨタホームは「トヨタ自動車」などのトヨタ系列の株主がバックボーンについている

その名の通り、ではあるのですがトヨタホームはトヨタが手がけるハウスメーカーです。

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

この写真のように、「17のトヨタグループ」に支えられながら、マイホーム計画を考えられている方の「安心と信頼」を得ているのです。

特に「トヨタ自動車」は日本が誇る自動車メーカーですが、「自動車×家」のコンセプトでスマートハウスを開発実現させたり、室内環境対策や防犯対策まで幅広くトヨタの技術を詰め込んだ暮らしを実現させることができるのです。

これは「トヨタホーム」で家を買う決心をするときの「一つの判断基準」になりそうですね。

「トヨタの技術を家の仕様やセキュリティ面で生かされているので最先端な印象が気に入った」

「トヨタが後ろ盾しているからこそ、長期的な建築後のサポートが見込めるので安心だ」

というような評判・口コミが多かったのは、まさにこの会社概要に裏付けされていると考えられます。

しかし一方で、

「営業マンはやたら「トヨタの〜」「トヨタですから〜」とトヨタ推しだったのが逆に不信感」

「トヨタの名前をよく使ってくるが、販売しているのは代理店じゃないか!」

というような評判・口コミも多く見られるのも事実です。

山本家ご主人

山本家ご主人
なるほどな…会社概要でなんとなく表面的なトヨタホームのイメージはできたけど、実際の家を見ていかないとどうも判断できそうにないな…
ミト

ミト
そうですね。それでは次に、「トヨタホームの特徴」を家の性能や保証などの観点から見て行くことにしましょう。そこに関連する評判・口コミもご紹介しますね。

補足)トヨタホームとよく比較検討されるハウスメーカー

私が住宅営業マンとして働いていた際に、エリアによってはトヨタホームの展示場が出店している勤務先もありました。

なので、トヨタホームを検討されているお客様とお出会いさせていただいたことも多々あるのですが、トヨタホームを検討されていたお客様がよく比較検討されていたハウスメーカーもご紹介しておきます。

こちらがトヨタホームとよく比較検討されるハウスメーカーです。

●トヨタホームと比較検討されやすいハウスメーカー(実体験ベース)●

・セキスイハイム
・ミサワホーム
・ダイワハウス
・ヘーベルハウス
・etc…

上記のようなハウスメーカーは、よくトヨタホームとバッティングしていたと感じます。

後にご紹介させていただきますが、トヨタホームは「工場生産のユニット工法」を採用しているため、セキスイハイムと工法が重なります。

またダイワハウスの「家の工業化の概念」や「ヘーベルハウスの都市型住宅戦略」など、トヨタホームの販売展開方法や家の特徴で重なる部分が多いハウスメーカーが比較検討されやすいことがわかりますね。

トヨタホームを検討されている方は、上記のハウスメーカーの情報についても確認しておいてもいいかもしれませんね。

「ハウスメーカーの特徴」から考察するトヨタホームの評判

それでは、「トヨタホームの住宅・会社の特徴」から評判を考察していきます。

以下は、トヨタホームに関する特徴を「会社の規模感・信頼度」「家の性能」「間取り・外観等のデザイン」「坪単価(お求めやすさの度合い)」「保証・アフターサポート」「住宅営業マンの対応力」といったような多角的な項目内容別にまとめた評判のサマリーデータです。

●参考データ●

※「マイホームプランナー宛にいただいた口コミ情報」「管理人ミトが住宅営業として働いていた時に身をもって確認した事実情報」「管理人ミトが対応したお客様・ご契約者さまの感想・口コミ」「住宅産業新聞のデータ」「オリコン顧客満足度調査のデータ」等を総合的に加味した上で独自で作成した参考データになります。

この項目の内容に沿いながら、トヨタホームの評判を考えていきます。

会社の規模感・信頼度

まず、会社の規模感・会社信用に関してですが、

  • 大手自動車メーカーであるトヨタ自動車を始め、17のトヨタ系列社に支えられ販売展開
  • 2003年から年間着工数5,000棟ベースまで業績を伸ばし、お膝元「名古屋」ではシェアNo.1

というような、先ほどの会社信用から考えても、ある程度の会社信用を寄せられると考えてもいいのではないでしょうか?

また、会社の規模感に関しては、

  • ミサワホームを子会社として買収する体制が整っている

事実などもありますので、現時点ではトヨタホーム単体では大手ハウスメーカーと比較すると小さいかもしれませんが、今後拡大して行く兆しを感じます。

山本家ご主人

山本家ご主人
ミサワホームを買収しているんですね!
ミト

ミト
実はそうなんです。詳しくはミサワホームの評判・口コミの中でもご紹介しているのですが、2016年の11月に110億円でミサワホームを子会社化しております。

日本の戸建着工数が年々減少して行く中で、このような企業合併もますます多くなってくるでしょうが、その先陣をトヨタホームは切っております。

今後のトヨタホームの業績によって「大きく信頼感を伸ばす」のか「突如信頼感を失う」のか、どちらに転ぶ可能性もありますが、それはどこのハウスメーカーも同様です。

現時点の状況では、ある程度の信頼感を持てるだけの会社規模・会社信用はあると考えてもいいかと思われます。

家の性能

次に、トヨタホームの家の性能についてです。

トヨタホームの家の構造は「鉄骨ラーメン構造」であることが確認できました。

ラーメン構造×ユニット工法によって高い耐震性を実現

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

トヨタホームの「ラーメン構造」の柱部材には、125mm角の角柱が採用されております。

通常の軽量鉄骨の柱と比較しても、非常に頑丈な印象を持つことができますね。

事実上、

  • 一般的な鉄骨線材の約2倍の強度
  • 一般的な木材の約4,3倍の強度

を誇る構造材が、トヨタホームの家を支えます。

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

また、構造体を形成する線材のみではなく、各局部・接合部に関しても、一般的な鉄骨住宅の35倍の強度を実現することに成功しております。

これは、トヨタホームの家には各接合部分に「変形防止材」を内臓させていることが理由ですね。

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

その構造体の85%を工場内で生産してしまうことで、

  • 狂いのない高品質
  • 天候に左右されることのない安心性
  • 施工期間の圧倒的短縮

というような建築メリットにつなげられています。

山本家ご主人

山本家ご主人
セキスイハイムのお家も、確か工場生産なんですよね?
ミト

ミト
はい。そして、トヨタホームの工場生産割合の方が、実は高いんですよ?

セキスイハイムもトヨタホームと同様に「工場生産によるユニット住宅」を魅力としております。

その工場生産の工程割合は80%なので、実はトヨタホームの工場生産の割合の方が高いのですね。(トヨタホームの工場生産は、85%。)

一方、

「トヨタホームの家は間取りの規制がきついから、自分たちの希望の間取りができなかった…」

「外観のサンプル・建築実例を見せてもらったけど、トヨタホームの家はどの外観も似ていたような気がする…」

という評判や口コミが非常に多いのも事実で、その原因もまた、「工場生産のユニット工法」からきていることが考えられます。

工場で生産する工程の割合が多ければ、その分「間取りや外観を自由に表現できる幅」も少なくなってしまいます。

山本家ご主人

山本家ご主人
工場にはそんなにたくさんの規格があるわけではないんですね。
ミト

ミト
そうなんです。そこが、工場生産のデメリットでもあるんですね。

トヨタホームの家の耐震性に関してはある程度信頼感を寄せられますが、その分「間取りや外観」の自由度に関しては、設計事務所や工務店はもちろん、たの大手ハウスメーカーと比較しても、少々我慢しなければいけないポイントは多いことが、トヨタホームの評判からも感じられます。

トヨタホームの得意分野は「スマートハウス」

トヨタホームの情報の中には、

「エコな暮らしを送ることができるから、環境にも配慮ができる!」

「無駄なエネルギー消費を抑えられるため、光熱費を削減できる」

というような評判・口コミが多く見られるのは、このスマートハウスのことを指した内容だと考えられます。

トヨタホームの住宅では

  • 太陽光でエネルギーを蓄電池に貯める
  • 極力エネルギー消費を「自然エネルギー」で賄うため、環境にも家計にも優しい

暮らしを実現できる「Hems」システムや「リチウム蓄電池」を設計段階で検討することが可能です。

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

また、スマートハウスのもう一つの側面としては、

「セキュリティー対策にも役立つ!」

というような口コミにも裏付けられる

  • スマートフォンと家の連動

の側面も考えられますね。

子供が帰宅したことを親のスマートフォンへ伝達する機能や、スマートフォンからでも「家に鍵がかかっているのか」を確認できるセキュリティー機能が搭載できるため、ちょっとした暮らしの中の安心を手に入れることができます。

また、トヨタの自動車×家の先進技術として、車の中から遠隔で・家の中から遠隔で

  • 帰宅前にお湯張りの指示を車内で出せる
  • 出発前に車内の温度を調整しておく

ということも実現可能になりました。

これも、トヨタ自動車の技術を直接家に注ぎこめる「トヨタホーム」ならではの魅力ではないでしょうか。

間取り・外観等のデザイン

次に、トヨタホームの「間取り・外観」などのデザイン面を、見ていくことにしましょう。

評判では、

「トヨタホームの家は間取りの規制がきついから、自分たちの希望の間取りができなかった…」

「外観のサンプル・建築実例を見せてもらったけど、トヨタホームの家はどの外観も似ていたような気がする…」

という口コミが多く目立つように、あまり優れた自由度は期待できませんね。

一方でトヨタホームのHPでは、

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

というように、「自由設計」の文字が記載されております。

このような表記に関しては注意が必要です。

注文住宅の注意点!失敗を経験した主婦にインタビューした話」の中で発信している「自由設計と商品規格の落とし穴」に関する情報は、今回の内容に関して非常に参考になりますのでぜひ合わせて読んで見てください。

情報を確かめていくと、

  • 大空間で大開放の空間を演出できる
  • 大開口で光と風を望める
  • リフォームがしやすいため、建てた後も自由な構想

というような内容をもって「自由設計」を謳っておりますが、果たしてそれは「一般的な感覚での自由設計」なのでしょうか?

本来の自由設計は、

「ゼロから家の空間演出や間取りの構成、外観のテイスト、設備の仕様、木材や壁紙の材質など、あらゆる要望を設計士と共に作っていくことのできる設計タイプの住宅」

を指す建築方法です。

なので、この言葉に惹かれた方であればあるほど、トヨタホームの展示場にて、

「思っていたよりも間取りの規制がきついんだな…」

という印象を抱くことになるかと思います。

ましてや、トヨタホームでは「製品の品質を確保し、短工期で大量生産できる「ユニット工法」を採用している」時点で、間取りや外観の自由度に多少の我慢をしなければいけないことは明白です。

今後、自由設計の商品を開発すれば別ですが、今のトヨタホームの性質上、デザイン性は低いと考えて問題ないでしょう。

坪単価(お求めやすさの度合い)

トヨタホームの坪単価は60万円〜75万円という価格幅が見られました。

ハウスメーカーの中で考えると「そこまでこう価格帯ではないが、決して安くもない」といった印象を感じますね。

もちろん、家の性能や保証面の高さが備わっておりますので、工務店と比べると金額は高くなりますね。

また、家の構造タイプや商品規格タイプ、間取りや外観のデザインや仕様によって大きく単価は変動することが予想できます。

だからこそ、契約前までに必ず「提案を受けている商品の間取りの自由度」と「自分たちがイメージしている暮らしは、デザイン的にも坪単価的に考えても、その商品で実現可能なのか?」に関してはしっかり確認しておいたほうがいいでしょう。

ハウスメーカーの「商品規格と坪単価の落とし穴」に関する情報・体験談はこちらの記事でまとめておりますので、お時間があればぜひ合わせて読んでおくことをおすすめします。

今回は、過去に住宅営業として働いた経験から分かった「ハウスメーカー選びで失敗する原因」についてご紹介したいと思います。 「ハウスメ...

保証・アフターサポート

トヨタホームの保証・アフターサポートに関しては、非常に手厚いことがわかりました。

「さすがトヨタなのか、建てた後の保証・アフターサポートが他のハウスメーカーと比べても手厚い!」

といった評判・口コミが多かったのにも納得できました。

初期保証で30年、延長保証で60年の保証期間

一般的な保証期間は10年です。(工務店や小さなハウスメーカーであれば瑕疵担保責任で定められた10年間の保証を実施している会社が多い。)

一方トヨタホームの保証期間は、「構造上主要な部分」に関しては30年の初期保証がついており、外壁や床、屋根に関しては20年の保証が初期段階でついております。

「トヨタホームHPより:https://www.toyotahome.co.jp」

また、トヨタホームの定める点検によって修繕すべき箇所が発見された場合、有償修繕を行うことで最長60年間の延長保証が可能です。

これは、他のハウスメーカーと比較しても非常に優れている内容ですね。

60年間アフターサポートシステム

こちらに関しても、他のハウスメーカーでは「60年間アフターサポートです!※20年目からは有料点検を10年ごとに…)というような、結局お金を払わなければ点検サポートが受けられない会社が多い中、

トヨタホームは「25年目まで無料、その後5年ごとに「無料」「有料」を交互に実施する」点検サポート体制をとっております。

要は、10年間の間に有料点検を行っておけば、さらに10年間点検サポートがついてきますよ!というアフターサポート内容になります。

こちらも、「セキスイハイムの60年間無料点検サポートシステム」と比べるとやや内容は見劣りしますが、他のハウスメーカーと比べると手厚いサポート内容であることがわかります。

住宅営業マンの対応力

営業マンの対応に関しては、あまりいい評判・口コミを見られませんでした。

というよりも、

「各エリアによっても違うし、各支店の雰囲気によっても大きく接客スタイルが変わる」

という内容に集約されるような評判・口コミが多かったですね。

理由は、トヨタホームでは「各エリアごとに支店を細分化」することで、その支店ごとに販売方針を打ち出している度合いが強いことが挙げられます。

「接客の冒頭で年収を聞かれ、その後の接客は全く積極的ではなかった…」

「展示場へ足を運んだら、その日から毎晩訪問活動を繰り返されるようになった…」

など、支店によってカラーが違いすぎることが、トヨタホームの多くな特徴であることが、評判・口コミから明らかになりましたね。

口コミから知るトヨタホームの評判

トヨタホームの口コミを掲載しておきます。

33歳 男性

33歳 男性
トヨタホームの展示場へ足を運んだことがありますが、とにかく「トヨタ推し」がすごかったです。確かに品質や対応に安心感が持てることはわかるのですが、「トヨタがあなたの暮らしを支えています」という表現は少しいいづ着なんじゃないかなと思いました。
40歳 女性

40歳 女性
旦那が、当時はまだ新しい技術だったEVについてこだわりがあり、自動車と家をセットで考えていくことができるトヨタホームで契約しました。いまでは他のハウスメーカーも乗り出してきている内容かもしれませんが、トヨタ自動車の技術やノウハウが詰まっていることから一歩リードしている気がします。今でも納得して暮らしております。
32歳 女性

32歳 女性
名前に惹かれて展示場へ立ち寄った際に、一度間取りの提案を受けることになりました。間取りの内容は細かく伝えていたのですが、出てきたプランがユニットの規制に引っかかりまくったとかなんとかで、結局私たちの要望は全く叶えられず、そこで打ち合わせはストップしてもらった経験があります。別のハウスメーカーで、比較的自由に設計できるモデルで家を建ててもらいました。

私が競合した経験から伝授したいトヨタホームの評判

私も住宅営業をしていた経験の中で、トヨタホームと競合した経験が少なからずあります。

その時に感じたトヨタホームの印象を評判という形で掲載しておこうと思います。

ミト

ミト
口コミにもありましたが、やはりトヨタの看板を背負っているだけあって、「トヨタブランド推し」な営業さんが多いことは事実ですね。私が対応させてもらったお客様も「トヨタの家は〜」というフレーズが気になって仕方がなかったと言っていました。
ミト

ミト
保証面に関しては、安心しているお客さんが多いと感じますね。また、トヨタホームの営業さんが誘導しているのか、トヨタホームの展示場へ立ち寄ったお客様は、他のハウスメーカーの営業マンに「ここの保証期間は初期保証で何年ですか?」「最長のアフターサポート期間は何年ですか?」という内容を確認されている方が多かったです。
ミト

ミト
私が駐在していた展示場だけかもしれませんが、トヨタホームの展示場は毎週お客さんが少なかったイメージがあります。隣にダイワハウスと住友林業が建っていたので、その影響もあるかもしれませんが、営業マンも呼び込みもすることはなく、「本当に開店してるのかな?」と感じたこともありました。

トヨタホームで建築するのに向いている人はこんな人

これまでの口コミ・評判から考えられる「トヨタホームでの建築が向いている人」はこのような方々です。

●評判から考えられる「トヨタホームでの建築が向いている人」●

・トヨタブランドが大好きな人、またはトヨタグループの一員で、何かしらの恩恵を期待できる人

・手厚い保障を確約した暮らしを実現したい人

・比較的「短工期」で家を建てたい希望がある人

このような方々は、トヨタホームでの建築が向いていると考えられます。

まとめ…トヨタホームと他社を比べてみることの重要性

いかがでしたでしょうか?

今回は、私の住宅営業時代の体験談を含めながら、トヨタホームの評判・口コミに関して、様々な観点からご紹介してまいりました。

  • トヨタホームで家づくりを検討している
  • 別のハウスメーカーで契約しようか迷っている
  • これからハウスメーカーの展示場を見学に行く

このような方々は、ぜひ、事前に「建築会社の間取り・見積もり」を一括請求しておきましょう。

➡︎間取り・見積もりと会社カタログの無料請求はこちら

今後、ハウスメーカーの営業マンから提示される間取りや見積もり価格に、「ちょっと待った!◯◯って何でこうなってるの?」と、おかしな点を指摘できるようになり、損をしない家づくりを行う役に立つはずです。

自宅から、スマホでもPCでも5分ほどで入力が完了し、600社を超えるハウスメーカーから一括で無料請求ができますので、ぜひ使ってみてください。

➡︎無料請求した間取り・見積もりのサンプル、請求の手順・流れを知りたい人はこちら