パナソニックホームズ

「実際どうなの?」パナソニックホームズ(パナホーム)の気になる評判・口コミを暴露!

ミト
ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

住宅営業として、過去に1,000組以上の家づくりをサポートしてきた管理人の実体験、および当サイトに寄せられた口コミをもとに、間取りや価格、保証や性能などの複数項目からパナソニックホームズの評判・口コミについてお伝えしていこうと思います。

▼この記事はこんな人にオススメ!▼

  • パナソニックホームズのリアルな評判を知りたい
  • パナソニックホームズの営業マンが言っていることは本当?と不安な方
  • 他社とパナソニックホームズの評判を比較したい
  • パナソニックホームズに関する一通りの情報を知っておきたい

 

 

パナソニックホームズ(パナホーム)の気になる評判

「パナソニックホームズって、総合展示場でよく見かけるけど、実際の評判はどんな感じなんだろう…?」

「あの家、パナソニックホームズの外観ぽいな…中の間取りはどんな感じなんだろうか?」

マイホーム計画を考えていく中で、パナソニックホームズについて気になられた方も多いのではないでしょうか?

名前はよく聞くんだけど、でも実際の評判についてはあまり知られていないように感じますね。

パナソニックホームズは、ロゴからもイメージできるように、「Panasonic株式会社」が筆頭株主のハウスメーカーになります。

「パナホーム ロゴ」

大手電機マーカーが作る家って、なんだかますます実情がわからなくないですか?

「パナソニックホームズは環境に優しいエコなマイホームが手に入れられる」

「坪単価は自由度が高くなるにつれて高額になっていく…」

というような、Panasonicの影が感じられる評判から、規格型住宅の面影を感じる評判・口コミまで、様々な情報が飛び交っていることだと思われます。

なので今回は、パナソニックホームズの会社概要家の性能、当サイトに寄せられた口コミや、管理人自身が住宅営業時代に触れた「パナソニックホームズに対するリアルな評判・口コミ」といったような多角的観点から、パナホームの評判を確認していこうと考えております。

山本家奥様
山本家奥様
ミトさん!総合展示場の中でパナソニックホームズを見かけたんですけど、パナソニックホームズってどんな会社なんでしょうか?
ミト
ミト
はい。ではまず、パナソニックホームズの会社概要から、評判・口コミについて考察していこうと思います。

「会社概要」から考察するパナソニックホームズ(パナホーム)の評判

パナソニックホームズの会社概要は以下の通りです。

会社名パナソニックホームズ株式会社
設立1963年7月1日
資本金284億円
代表取締役社長松下 龍二
従業員数単体6,237名(2017年3月31日時点)
売上高3,596億円(2017年3月期)
本社〒560-8543 大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号
扱う住宅構造鉄骨造住宅 木造住宅(首都圏限定)
販売エリア全国の都道府県(北海道を除く)
住宅販売戸数約5,500戸(「住宅産業新聞(2017年6月)」のデータを参照 )
理念生きる家。

以上がパナソニックホームズの会社概要になります。

山本家奥様
山本家奥様
パナソニックホームズは鉄骨住宅を主に手がけているんだね!
ミト
ミト
そのようですね!

パナソニックホームズ(パナホーム)は鉄骨住宅を製品化して大量生産販売を実施

パナソニックホームズの構造タイプは「鉄骨造住宅」がメインになります。

例外で、都市部限定で「木造の住宅」を扱っているのですが、一般的には鉄骨造住宅がほとんどです。

街中で見かけるパナソニックの家は「工場で生産された鉄骨造住宅」である可能性が高いです。

パナソニックホームズの信条として、「耐震性の強さ(構造)」、「空気環境(換気システム)」、「品質(耐久性・エコ)」に特にこだわる住まいづくりを展開しております。

「パナソニックホームズの家はどの家も似たような外観だ!」

「家全体がパナソニック製品なので、空気環境などはいいと感じる」

といった評判・口コミが多く見られたのも、パナソニックホームズの信条が根底の理由でしょう。

どちらかといえば、「家を設計する」というよりかは「家を発注・生産する」という概念の方がしっくりくるかもしれません。

それほどに、パナソニックホームズの住宅は「製品感」が強いです。

山本家奥様
山本家奥様
Panasonic製品の一部って感じが強いのかな?
ミト
ミト
あながち間違っていないと思いますよ。自分たちの家を工場にオーダーして、工場から建築地に発送されてくるという考え方ですからね。

パナソニックホームズ(パナホーム)は全国展開を実現させている

また、会社概要からも分かるように、パナソニックホームズは北海道を除く全国で住宅の販売を展開できています。

なので、地方の工務店や設計事務所などとは違い、「どこのエリアで建築を考えてもパナソニックホームズの家を建てられる」ことは、マイホーム計画を任せることを決心する会社信用につながる大きな要素となるのではないでしょうか?

一方で、

「やっぱりパナソニックホームズの家は鉄骨だから、冬寒いのは避けられなかった…」

「床からの底冷えがすごい…」

というような評判・口コミが多く見られたのですが、その理由も会社概要から少し納得ができます。

パナソニックホームズは唯一北海道での住宅販売は実施しておりません。

単純に工場生産上の関係で販売できないのかもしれませんが、工場生産を実施している他のハウスメーカーの中には、北海道での住宅販売を実施している会社もありますので、「極寒の北海道では流石に断熱性の基準が保証できない…」という内情があるのではないかと予想できます。

しかし、建築地の気候によって「求められる断熱の仕様」も異なりますので、実際に建築するエリアにおいて「パナソニックホームズの断熱性は大丈夫か」で考えていくことの方が大切です。

あくまで評判・口コミレベルのお話として参考にしてください。

とりあえず、全国展開を実施できているハウスメーカーであり、どの地域で建築したとしても「アフターサポート」体制は期待できるということは事実です。

パナソニックホームズ(パナホーム)と競合しやすいハウスメーカー

私も住宅営業の仕事をしていた時に「パナソニックホームズの家を建てるか検討しています!」というお客様にも多く接客させていただきました。

パナソニックホームズを検討されているお客様の中で、他によく比較検討されていたハウスメーカーは、以下のような会社が多かったですね。

●パナソニックホームズと比較検討されやすいハウスメーカー●

・セキスイハイム
・ヘーベルハウス
・トヨタホーム
・百年住宅
・テクノストラクチャー
・etc…

山本家奥様
山本家奥様
セキスイハイムにヘーベルハウス…鉄骨系のハウスメーカーですか?
ミト
ミト
そうですね。またトヨタホームとも比較検討されていることから「工場生産」による品質を重視されたい思考のお客様がパナホームを検討されやすいことも合わせて見えてきますね。

現在パナソニックホームズを検討されている方は、セキスイハイムやヘーベルハウス、トヨタホームも参考にして見てもいいかもしれませんね。

山本家奥様
山本家奥様
なんだかパナソニックホームズの家がどんな特徴を持っているのか気になってきちゃった!
ミト
ミト
それでは次に、パナソニックホームズの「家の特徴」をメインに見ていきながら、パナホームの評判・口コミについて考察していくことにしましょう。

 

▼PC・スマホで一括請求▼


パナソニックホームズを含む複数のハウスメーカーから間取り・見積もりを直接自宅へ無料請求できます!

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

※まずは無料請求の手順資料サンプルを確認したい方はこちらの記事でご紹介しております。

 

「ハウスメーカーの特徴」から考察するパナソニックホームズ(パナホーム)の評判

では、「パナソニックホームズの住宅・会社の特徴」から評判を考察していきます。

以下は、パナソニックホームズに関する特徴を「会社の規模感・信頼度」「家の性能」「間取り・外観等のデザイン」「坪単価(お求めやすさの度合い)」「保証・アフターサポート」「住宅営業マンの対応力」といったような多角的な項目内容別にまとめた評判のサマリーデータです。

パナソニックホームズの総合評価
会社規模/信頼度
住宅性能
デザイン
価格(坪単価)
保証/アフターサービス
営業マンの対応力

※「マイホームプランナー宛にいただいた評判・口コミ情報」「管理人ミトが住宅営業として働いていた時に身をもって体感した事実的情報」「管理人ミトが対応したお客様・ご契約者さまの感想・口コミ」「住宅産業新聞のデータ」「オリコン顧客満足度調査のデータ」等を総合的に加味した上で独自に作成した参考データとなります。

 

上記項目の内容に沿いながら、パナソニックホームズの評判を考えていきます。

会社の規模感・信頼度

まず、パナソニックホームズの会社の規模感・信頼度に関しては、

  • 大手電機メーカーPanasonicが株主としてバックボーンにある
  • 年間戸建着工数5,000棟越え
  • 全国で住宅販売を展開している

というような事実事象からも、一定の信頼感を寄せられることが考えられるのではないでしょうか?

しかし、一方で、

「パナソニックホームズは年々販売力が落ちてきている…」

「所詮はPanasonicの子会社なので、この先どうなるかわからない」

というような評判・口コミも実は多く聞くことができます。

確かにパナソニックホームズの年間戸建着工数を過去の数字と比べてみると、

「2013年…6,500棟→2017年5,500棟

というような販売数の減少が確認できました。

今後も継続して販売数を落としていくことになってしまえば、大手ハウスメーカーの中では早期的に経営が厳しくなることが予想できます。

他のハウスメーカーでも戸建着工数は年々減少しているのですが、それでもパナソニックホームズよりも販売数は多いですし、三井ホームのように「超高単価・設計時間のかかるオーダーメイド住宅」を手がけているため販売数が抑えられているというわけでもありませんので、Panasonicが住宅事業を撤退すれば、それでおしまいなのです。

●参考データ●

例)各社2013年度と2017年度の販売戸数の変動表

ハウスメーカー名2013年販売戸数(戸)2017年販売戸数(戸) 推移
積水ハウス約17,500約12,500約5,000戸DOWN
ヘーベルハウス約11,000約10,000約1,000戸DOWN
ダイワハウス約10,500約9,500約1,000戸DOWN
住友林業約95,00約8,500約1,000戸DOWN
三井ホーム約4,000約3,300約700戸DOWN
セキスイハイム約11,000約95,00約1,500戸DOWN
ミサワホーム約9,000約7,000約2,000戸DOWN
パナソニックホームズ約6,500約5,500約1,000戸DOWN
一条工務店約9,500約12,000約2,500戸UP

ただ、1963年より大手ハウスメーカーとして実績を残してきた「魅力・実力」はありますし、

「パナソニックホームズで建築して住んでいますが、いい家を建ててもらったと感じています」

というような評判もありますので、そう簡単には無くならないと思います。

双方の評判・口コミの内容を加味して、一定の安心を寄せられるという結論に行き着きます。

家の性能

次に、パナソニックホームズの性能ですが、ますはパナソニックホームズの構造について見ていくことにしましょう。

パナソニックホームズの構造タイプは主に3種類存在します。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」
  1. 制震鉄骨軸組構造
  2. 重量鉄骨ラーメン構造
  3. 大型パネル構造

制震鉄骨軸組構造

多くの高層ビルでは、「地震の揺れで建物の構造が変形しないようにする」対策として「座屈拘拘束技術」を採用しております。

そして、その「高層ビルを地震の揺れから耐えさせている」技術を戸建住宅に応用展開させたのが、パナソニックホームズの「制震鉄骨軸組構造」です。

なので、耐震性に関しては非常に優れている特徴があります。

また、別の観点からの特徴を見てみると、

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

写真のように、15cmピッチでの空間設計が可能になっております。

通常でしたら「910mmピッチ」もしくは「1000mm」ピッチでのユニット作成になりますので、150mmピッチでの設計であれば「規格から外れてしまう」ことが予想されます。

この規格の幅を大きく広げられたのが、「制震鉄骨軸組構造」と考えられます。

重量鉄骨ラーメン構造

次に、同じく高層ビルで採用されている「重量鉄骨」を構造に採用した「重量鉄骨ラーメン構造」がありますが、こちらに関しても「大型建造物を支える耐震性」を戸建住宅にコンバートさせることに成功した構造になります。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

通常の軽量鉄骨(厚さ6mm以下)のものではなく、150mm角の重量鉄骨柱を構造の柱として採用しているため、線材一つ一つの耐久力が非常に強いです。

そのことで、ただ耐震性に優れているわけではなく、木造住宅では成し得ない「大開放空間、大開口の窓配置」が可能になっております。

山本家奥様
山本家奥様
本当だ!アパートを建てる時の構造みたいですね!
ミト
ミト
まさにそうですね。その構造を戸建て住宅に使っていることを考えると、確かに耐震性・耐久性は優れていると考えられますね。

大型パネル構造

最後に、先ほどの制震鉄骨軸組構造や重量鉄骨ラーメン構造とは違って、「パネル面で家を支える構造」である大型パネル構造も、パナソニックホームズの構造には存在しております。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

写真のように、「柱や梁、ブレース」と行った線材だけで家を支えるのではなく、「床・壁・天井」に大型のパネルを溶接することで、「面で揺れの衝撃を分散させる」構造になっているのですね。

ミサワホームの木造住宅の中に「モノコック工法(木質接着パネル工法)」がありますが、その材質が鉄骨になったものが、パナソニックホームズの大型パネル構造と考えればわかりやすいですね。

いうまでもなく、上記の構造タイプ同様に耐震性に優れており、またパネルで支えられる力が強いことで大開放の空間を実現させることもできます。

独自の構造技術「パワテック」

山本家奥様
山本家奥様
ミトさん、パナソニックホームズの家はどれもとても強いことがわかったけど、なんでここまで耐震性にこだわることができるの?
ミト
ミト
はい。それは、パナソニックホームズが独自で開発した「パワテック」という構造技術が関係しております。

写真のように、パナソニックホームズの3つの構造タイプ「制震鉄骨軸組構造」「重量鉄骨ラーメン構造」「大型パネル構造」を支えているのは「パワテック」と称される「パナホーム独自の構造技術です。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

「パナソニックホームズの工場見学に行った時は圧倒されました!とにかく頑丈な家ができるんだと実感」

といったような評判・口コミにも表れておりますが、おそらくこの「パワテック」の製造を目の当たりにされたんだと思います。

他社の鉄骨造と比べても圧倒的に強固な印象を受けますね。

この独自の構造技術があるからこそ、パナソニックホームズでは信頼の置ける耐震性を持ち合わせていることにも納得できます。

断熱性・気密性に関しては、やや不安が残るか

パナソニックホームズの断熱性・気密性に関しては、少し不安感が残りますね。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

この写真のように、「柱と柱の間に断熱材を敷き詰める」充填断熱をパパナソニックホームズでは行なっております。

断熱材はグラスウールを採用していることから、繊維系の断熱材だとわかります。

他の記事でもご紹介させていただいているのですが、「鉄骨×充填断熱」の最悪のケースは「断熱材が結露によってカビてしまう」ことです。

特に、鉄骨の家であれば、「夏は暑い外気温」を、「冬は寒い外気温」を、総じて熱を構造体全体が伝えやすいことが考えられますよね。

また、夏場であれば冷やされた室内空気、冬場であれば暖められた室内空気が、同じく断熱材付近まで侵入します。

つまり、断熱材の内部では「温度差」が生じやすくなってしまっているため、「目に見えない構造体内で結露が生じやすい」ことが考えられるのですね。

結果的に断熱材が腐ってしまうことがあれば、室内環境や健康にも大きな被害が気がつかないうちに出てしまいますので注意が必要です。

この注意点としては「高い気密性」が必要不可欠なのですが、パナソニックホームズの気密性については公表されていないため、実際のところの不安はぬぐえませんね…

間取り・外観等のデザイン

パナソニックホームズの間取りや外観、つまりデザイン性に関してですが、こちらに関しては「設計事務所」と比べることはもちろん、他のハウスメーカーと比べた時にも「やや物足りなさを感じる…」という結論に行き着きます。

確かに、

「パナソニックホームズは他のハウスメーカーとは違い、15cmピッチでユニットの幅を変えられる」

というような評判・口コミもあったのですが、それは、パナソニックホームズ商品内で考えると「自由度が大きくなった」という認識が正しいでしょう。

私も住宅営業マン時代にパナソニックホームズと競合した経験がありますが、そのお客様方は、

「え?こんな間取りもできるんですか!?」

「風の抜けや光の入り方まで計算して設計されたのは初めてです!」

「こんな外壁の色も使えるんだー!嬉しい!」

と言われるお客様が多かったのです。

このことからも、パナソニックホームズでは「一定の規格内での間取り・外観の自由度」を称して「間取りのデザイン性も兼ね備えている」と表現しているのではないかなと思います。

●パナソニックホームズ外観①●

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

●パナソニックホームズ外観②●

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

●パナソニックホームズ外観③●

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

 

全てパナソニックホームズの商品写真ですが、どことなく外観も似ていませんか?

山本家奥様
山本家奥様
ほんとだ!特に、屋根と建物の形状、あと外壁の色が似てるな!
ミト
ミト
「あ、あれはパナソニックホームズの家だな」ってわかりやすいですよね。裏返すとそれは、デザインの自由度が低いと考えられます。

「住宅の品質」や「住みやすさ」を重視して「工場生産」で家を製品化したパナソニックホームズの特徴は、「間取り・外観のデザイン幅の減少」にも繋がっていることが確認できますね。

 

  • 「住宅展示場へ行くのが面倒…」
  • 「住宅営業マンにしつこくされたくない…」
  • 「自分たちのペースでメーカー選びがしたい!」

このようにお考えの方は、複数社の間取り・見積もりを一括で自宅へ郵送して効率よく家づくりを進めましょう。

一括請求の公式サイトはこちら

※別記事で、資料請求の手順・郵送方法をご紹介しておりますので、気になる方は先ず確認してみて下さい。

 

坪単価(お求めやすさの度合い)

パナソニックホームズの坪単価に関しては、75万〜90万円の価格幅が確認できました。

この坪単価の価格帯であれば、他のハウスメーカーよりも金額は高いことがわかりますね。

パナソニックホームズでは、他のハウスメーカーのように「坪単価の価格帯を下げた商品」は手がけておらず、

  • エココルディス…坪単価70万〜90万
  • カサートシリーズ…坪単価80万円〜95万円
  • ビューノ(3階建て)…坪単価90万円〜100万円以上

といった目安価格帯が確認できます。

「パナソニックホームズの家は品質はいいけど高くて手が出せなかった…」

というような評判・口コミが多いのも納得できますね。

またさらに、都市部限定販売している木造住宅は、いわゆる富裕層向けの商品であり、

  • アティーム(木造住宅)…坪単価100万円以上

に関しても超高価格物件になりますね。

なので、パナソニックホームズの「金額が高い!」という評判に関しては一般的に考えると事実と確認ができますので、「ある程度の資金計画が望める」人向けのハウスメーカーであることが考えられます。

保証・アフターサポート

パナソニックホームズの保証・アフターサポートに関しては、他のハウスメーカーと比較しても優れていることが確認できました。

「パナソニックホームズの家は高かったけど、その分建てた後も品質が保てるし、保証面も充実しているのでありがたい」

という評判・口コミがありましたが、納得の内容だと思います。

初期保証で20年間35年間、延長保証は最長60年間

まず、パナソニックホームズの保証ですが、初期段階で20年間35年間の保証が約束されております。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

他のハウスメーカーでは「10年の初期保証、その後延長保証で20年保証は可能」というハウスメーカーが多い中、「20年30年の初期保証、その後60年まで延長保証可能」というパナソニックホームズの保証サービスに関しては非常に手厚いと言えますね。

※2019年10月1日より、パナソニックホームズの初期保証期間が構造主要箇所は20年→35年、雨水などの侵入経路は15年→30年に、それぞれ延長されました。

60年間アフターサポートと謳っているが…

また、点検等のアフターサポートに関してですが、こちらも60年間点検メンテナンスサポートがついております。

「パナホームHPより:https://www.panahome.jp/」

しかし、「※25年目からは有料点検」という記載が確認できましたので、お金を払えば60年目まで点検サポートを実施しますよ!という内容だと分かります。

この点に関しては、「60年間無料点検サポート(セキスイハイム)」などと比べてしまうとやや劣るのですが、それでも「60年間保証×60年間アフターサポート」体制を取ることができているので、会社の信頼度は高まりますね。

建てた後の安心に関しては、パナソニックホームズの多くの「ポジティブな評判・口コミ」に裏付けされているので安心していいでしょう。

住宅営業マンの対応力

営業マンの対応に関しては、「エリア・支店・営業マンの性格」によって本当にバラバラだと思われます。

「パナソニックホームズの営業マンは、契約前から契約後まで、非常に親身になって接してもらえています」

「私たちの住まいに関して本気で考えていただけました!」

というようなポジティブな評判もあれば、

「契約前に見積りを概算レベルでしか出してもらえなかった!」

「「検討メーカーの間取りを貸してくれないか」と言われたので貸したら、そのプランを真似して間取り提案をされた…」

というような、なんとも杜撰な口コミもあることは事実です。

どこのハウスメーカーでもそうかもしれませんが、パナホームに関しても検討して行く際は、「本当に信頼できる営業マンなのか」を吟味する必要がありそうですね。

※「信頼できるハウスメーカーの営業マン」の見分け方や、「信頼できない営業マンの口癖」に関しては下記の記事にてまとめていますので、吟味に生かしてみてください。

元住宅営業マンが伝授!本当に「信頼できる住宅営業マン」を見極める方法 今回の記事では、ハウスメーカーの担当営業マンには直接聞くのが難しい「信頼して大丈夫な住宅営業マン」の見極め方を、元住宅営業マンだ...
信頼できないハウスメーカーの営業の口癖(体験談つき) 今回は、信頼できないハウスメーカーの営業の口癖について、現場のリアルを知る元住宅営業マンの立場からご紹介させていただきます。 ...

口コミから知るパナソニックホームズ(パナホーム)の評判

パナソニックホームズの口コミを掲載しておきます。

31歳 男性
31歳 男性
最初に立ち寄った展示場がパナソニックホームズの展示場でした。間取りの提案・資金の提示の段階までお話させていただいていたのですが、他社の間取り提案、資金提案の方が家族にとって魅力的だったので、あえなくお断りさせていただきました。
35歳 女性
35歳 女性
鉄骨の住宅メーカーで絞って展示場見学をしている中で、パナソニックホームズに立ち寄ったことがあります。家を工場で生産したりいい外壁材を使ったりと、営業の方も一生懸命接客してくれたのですが、私たちの年収を確認すると途端に説明の数が減りました。きっと私たちの年収では建築が難しいと判断されたのでしょう…
40歳 男性
40歳 男性
パナソニックホームズで新築の家を建てました。阪神・淡路大震災を経験しておりますので職人の技量や施工ミスで家の品質を落としたくないなと考え、金額はするけれど高い品質が期待できるハウスメーカーを回って家を建てようと考えていました。最終パナソニックホームズとトヨタホームで検討しておりましたが、建てた後の保証を考えた時にパナソニックホームズの方が優れておりましたので、パナソニックホームズで契約を決めました。建てて3年ほどになりますが、とても満足して暮らせています。

私が競合した経験から伝授したいパナソニックホームズ(パナホーム)の評判

私が住宅営業マンとして住宅業界で働いていた時にも、パナソニックホームズと競合比較された経験があります。

そのリアルに感じた印象を評判として掲載させていただきます。

ミト
ミト
パナソニックホームズで建築を考えている方は、とにかく「鉄骨住宅思考」の方で、かつ「間取り・外観」のデザインよりも「家の品質・性能」に重きを置かれている方が多かったと振り返ります。なので、基本的にセットでセキスイハイムも見学されていたことは印象的でしたね。
ミト
ミト
ある程度の予算を組むことができなければ、パナソニックホームズでの建築は厳しいと思います。商品のバリエーション自体は少ないのですが、価格帯が圧倒的に高いです。お客さんの中にも「品質はいいんだけど…金額がなんであんなに高いのかしら?」と言われている方もいらっしゃいましたね。
ミト
ミト
私がバッティングしたパナソニックホームズの営業マンの中で、「とりあえず契約を交わしてから本格的な間取り作成をしていきましょう」とお客様に話していた方がおりました。当然見積もりの金額もしっかりした金額では出せていないので、おそらくお客様の予算に合わせるためにあえて間取りの提案を最後までしなかったのかなと思います。結果的に契約後にその事実は発覚するので、お客様思いではない対応だなと感じたこともありました。

パナソニックホームズ(パナホーム)で建築するのに向いている人はこんな人

これまでの評判から考えられる「パナソニックホームズでの建築が向いている人」はこのような方々です。

●評判から考えられる「パナソニックホームズでの建築が向いている人」●

  • 家のデザインや間取りの自由度よりも、家の性能・品質のこだわった住まいづくりをしていきたい方
  • 手厚い保障を確約した暮らしを実現したい人
  • ある程度の資金計画を行うことができる方

このような方々は、パナソニックホームズでの建築が向いていると考えられます。

まとめ…パナソニックホームズ(パナホーム)と他社を比べてみることの重要性

いかがでしたでしょうか?

この記事ではパナソニックホームズの評判・口コミをご紹介して参りましたが、パナソニックホームズでマイホーム計画を進める・進めないに限らず、他のハウスメーカーと比較をすることは、早い段階で必ず行って下さい。

ミト
ミト
より効率的にハウスメーカー選びを行うために、無料で複数の建築会社から間取り・見積もりを自宅へ一括請求しておくのがおすすめです。

 

住宅営業マンに一切会わずに、複数社の間取りと見積もりを比較・検討することができます。

自宅から、スマホでもPCでも5分ほどで入力が完了し、600社を超えるハウスメーカーから一括で無料請求ができますので、ぜひ使ってみてください。

 

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

 

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。