住友不動産の保証やアフターサービスってどう?他社と比較して確認しよう!

ミト

ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

あなたが当サイトにお越しいただいたのも何かの「ご縁」だと思いますので、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」を持って帰ってくださいね。

今回は、住友不動産の保証やアフターサービスの内容について、ご紹介していきたいと思います。

▼こんな人にオススメ!▼

  • 住友不動産に家づくりを任せるか迷っている
  • 家づくりにおいて、「保証・アフターサービス」に関心がある
  • 家を建てた後のサポート体制を重視して、ハウスメーカー選びをしたい

 

住友不動産の保証内容

山本家奥様

山本家奥様
住友不動産の展示場って、なんだかスタイリッシュでいいよねー!
山本家ご主人

山本家ご主人
そうだね!住友グループの戸建部門だし、保証やアフターサービスの内容も手厚いんじゃないかな?

この記事を読まれている方の中には、住友不動産で家づくりを検討しているご家族様もいらっしゃるかと思います。

住友不動産の戸建部門は、全国展開こそしていないものの、不動産事業や大型施設事業、新築そっくりさんなどのリフォーム事業など、事業領域を多岐に展開する会社として知られております。

戸建に関しては、間取りや外観などのデザインに関して、比較的安価で自由にこだわることが可能な商品を扱っております。

管理人のミトも、住宅営業時代に競合した時に、住友不動産のデザインに惚れ込んだご家族様がとても多くいらっしゃったのを覚えております。

デザインや価格のメリットが先行する住友不動産ですが、その保証、アフターサービスに関しても、契約前にしっかり把握しておくようにしましょう。

ミト

ミト
それでは、早速住友不動産の保証内容をチェックしていきましょう!

住友不動産の保証期間は20年間って、ほんと?

住友不動産の営業や、ホームページの中には、

住友不動産は、長期30年間の保証付き!

というような紹介がされております。

住友不動産HP参照「http://www.j-urban.jp/technology/flexibility.php」

山本家ご主人

山本家ご主人
おー!大手ハウスメーカーよりも価格が安い分、保証内容が少し気になってましたけど、心配なさそうですね。
ミト

ミト
ちょっと待って下さい!上記はあくまで最長保証のお話でございます。
山本家奥様

山本家奥様
最長保証?どういうこと?

じっくり確認してみてください。

引き渡し後30年目まで保証を延長するためには、引き渡し後10年目・20年目にそれぞれ有料メンテナンス工事を依頼し、実施する必要があることが分かります。

住友不動産HP参照「http://www.j-urban.jp/technology/flexibility.php」

つまり、住友不動産の保証期間として、無料で備えられている初期保証は10年間のみ、ということになります。

これは、国が定める最低保証の「瑕疵担保責任保険」と同様の期間であり、よく瑕疵担保責任保険を採用している工務店や設計事務所と同様の保証内容ということになります。

山本家ご主人

山本家ご主人
そっかー、住友不動産の保証はそこまで手厚くないんだなー!
ミト

ミト
有料メンテナンス工事を行えば延長可能ですが、延長したとしても30年目までというのは、確かに少し手薄な印象を受けますね。

他のハウスメーカーであれば、

  • 初期保証 引き渡し後20年目まで
  • 初期保証 引き渡し後30年目まで
  • 延長保証 追加で60年目まで
  • 延長保証 有償工事を行う限り永続的に延長

など、より手厚い保証を設けているハウスメーカーも多く存在しております。

上記のようなことも踏まえると、住友不動産の保証自体には、特筆してメリットと捉える事は難しいかもしれませんね。

以上、住友不動産の保証に関して、下記にまとめておきます。

●住友不動産の保証内容●

初期保証10年間、延長保証で最大30年間保証

  1. 基礎や屋根、柱など、構造上主要な箇所に対しては引き渡しから10年間の初期保証が設けられる
  2. 雨水の侵入などを防止する箇所に対して、引き渡しから10年間の初期保証が設けられる
  3. 防蟻処理・住宅設備機器は10年間

※上記、瑕疵担保責任保険と同様の内容

※なお、引き渡し後10年目に有償工事を行った場合、最長で引き渡し後20年目まで延長保証可能。

※さらに引き渡し後20年目に有償工事を行った場合、最長で引き渡し後30年目まで延長保証可能。

 

他社と比較して知る住友不動産の保証

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、住友不動産の保証について確認してみましょう。

会社名 初期保証 延長保証
積水ハウス 30年間 有料点検・補修によって10年毎に可能
ヘーベルハウス 20年間 無し
セキスイハイム 20年間
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店 10年間 瑕疵担保保険の内容です
パナホーム 20年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 30年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
住友不動産 30年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(長期優良住宅の施工邸のみで、その他は最高30年)
アイフルホーム 10年間 瑕疵担保保険の内容です
ミサワホーム 30年間 有料補修にて10年毎に延長可能
クレバリーホーム 10年間 有償メンテナンス実施で最長30年
ダイワハウス(xevo、GranWood系) 30年間 有料補修の実施にて15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外) 20年間 有料補修の実施にて10年毎に延長可能
三井ホーム 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
住友不動産 10年間 引き渡し後10年目・20年目に有料工事を行う事で、最大30年目まで延長可能

 

住友不動産のアフターサービス内容

山本家奥様

山本家奥様
価格にメリットがある住友不動産だけど、保証の内容も価格相応、という印象をうけました。
山本家ご主人

山本家ご主人
そうだね。ただ、アフターサービスの内容が充実していたら、引き渡し後の住まいを安心して任せられるよ!

住友不動産の保証内容には前章で記述した通り、瑕疵担保責任保険と同様の保証内容でしたね。

一方で、アフターサービスに関しては、保証の内容とは別に、そのメーカーが独自に行っている引き渡し後の点検サポートになります。

引き渡し数ヶ月後ほどでは、家の不具合が発生する確率は少ないですが、引き渡し後10年、20年と年月を重ねるごとに、目に見えない部分に不具合が生じてくる可能性が高まります。

だからこそ、無料で長期的にメーカー側から点検サポートに出向いてくれるアフターサービスの内容は、引き渡し後の住まいの安心を考えるに当たってはとても重要なのです。

では、住友不動産のアフターサービス内容は、どのような内容なのでしょうか。

ミト

ミト
それでは、次に住友不動産のアフターサービスに関して紹介して行きたいと思います。

住友不動産のアフターサービスは30年間点検と謳っているが・・・

住友不動産のアフターサービスは、引き渡し後30年間という内容を確認することができました。

住友不動産HP参照「http://www.j-urban.jp/technology/flexibility.php」

山本家奥様

山本家奥様
わー、ミトさん!住友不動産のアフターサービスは、結構充実しているんですね!
山本家ご主人

山本家ご主人
本当だ!保証期間以上の長さだね!
ミト

ミト
山本様、ここまでの情報でストップしてしまうのは、少し早いかもしれません!
山本家奥様

山本家奥様
どういうことですか?

保証期間が引き渡し後10年間でしたから、一見アフターサービスの内容の方が手厚く見て取れます。

しかし、実はこのアフターサービス期間、10年目・20年目に有償メンテナンス工事を依頼したご家族様限定で延長される、最長のアフターサービス期間なのです。

なので、結論を言えば住友不動産のアフターサービス期間は、引き渡し後10年間が無料で付いている初期点検期間であり、引き渡し後10年目に有償メンテナンス工事を実施することで、引き渡し後20年目まで延長点検が受けられる、ということになります。

※引き渡し後20年目の際も同様に、有償工事を実施した場合に限り30年目までアフターサービス期間が拡張されます。

山本家奥様

山本家奥様
なるほど、この10年間って期間、アフターサービスの期間としてはどうなんでしょうか。
ミト

ミト
んー、難しいところですが、大手ハウスメーカーと比較した際には、やはり手薄な印象を抱いてしまいますね・・・。

この後、具体的に有名ハウスメーカーのアフターサービス期間に関して比較表を掲載しますが、先にまとめておくと、10年間のアフターサポート期間は、大手ハウスメーカーと比較検討されている方にとっては、そこまで魅力に感じない内容でしょう。

住友不動産の良さは、ほかにたくさんありますが、保証を含め、アフターサービスの内容に関して、勘違いしないようにしっかり内容を把握してから契約を行うようにしてくださいね。

●住友不動産のアフターサービス●

初期の無料点検は10年間、最長で20年間のアフターサービス

引き渡し後  3ヶ月
引き渡し後  1年目
引き渡し後  2年目
引き渡し後 10年目

〜ここまで無料点検でアフターサポート実施〜

引き渡し後 20年目 ※有料

引き渡し後 30年目 ※有料

※引き渡し後10年目・20年目に有償メンテナンスを実施した方は、20年目・30年目に関しても無料でアフターサービスが受けられます。

 

他社と比較して知る住友不動産のアフターサービス

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、住友不動産のアフターサービスについて確認してみましょう。

会社名 初期アフターサービス期間 延長期間などの特徴
積水ハウス 15年間 延長保証を行なった場合に、保証期間分の期間を継続
ヘーベルハウス 30年間 30年目の大型メンテナンスでその後5年毎に60年目まで延長可能
セキスイハイム 60年間 60年間完全無料かつ5年毎の無料点検を継続
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店 10年間 最長築30年目までの有償アフターサービス有
パナホーム 25年間 10年毎の有料点検にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 25年間 5年毎に有料・無料の交互の点検サポートを60年目まで可能
ミサワホーム 20年間 有料点検の実施にて10年毎に延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(保証期間に応じて変動)
アイフルホーム 25年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友林業 25年間 有料点検の実施にて60年目まで10年毎に実施可能
クレバリーホーム 10年間 FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動
ダイワハウス(xevo、GranWood系) 25年間 有料点検の実施にて、保証期間内であれば15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外) 15年間 有料点検の実施にて、保証期間内であれば10年毎に延長可能
三井ホーム 30年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友不動産 10年間 10年目・20年目に有償点検を行った場合、20年目・30年目まで延長可能

 

元住宅営業マンからの、住友不動産の保証やアフターサービス評価

ミト

ミト
住友不動産は、保証・アフターサービスの内容、共に工務店と同様の内容と言えるでしょう!

なので、大手ハウスメーカーの保証やアフターサービスと比較した際は、手薄に感じることでしょう。

住友不動産の保証・アフターサービスは、共に初期期間として10年間のみで、有償工事を行なったとしても引き渡し後20年目までしか延長ができないため、上記のように、少し心もとない内容と感じる方も多いのではないでしょうか。

ただし、逆に住友不動産の家は、他の大手ハウスメーカーと比較した際には価格が安く、工務店と比較しても見劣りしないデザインの自由度を兼ね備えた住宅でございます。

なので、ご家族様の中で、保証・アフターサービスの内容に折り合いが着くのであれば、逆に上記のようなメリットを得ながら建築することが可能です。

住まいづくりの軸を今一度振り返り、この記事で記載した情報を判断材料として、しっかり吟味してから契約に移ってくださいね。

住友不動産の保証・アフターサービスに関する評判・口コミ

住友不動産の保証やアフターサービスに関連する評判・口コミを一部抜粋して掲載しておきます。


こ住友不動産の家を建てました。契約前に迷っていた建築会社よりも値段が安く、大きさも大きく、営業さんもベテランだったので安心できました。ただ、引き渡し後にクロスがすぐ剥がれたり、トイレの不具合がおこったりと、問題が多かったです。保証期間が切れてからが少し心配…

田んぼを造成して家を建てましたが、横にある実家も住友不動産なので、同じ営業の人にお世話になりました。アフターサービスの人も、私たちと合わせて実家の家も訪問してくださり、大変助かっております。

価格相応の保証とアフターサービスです。なので、別に良くも悪くも感じません。逆に、そこまで保証にこだわりたい意向もなかったので、むしろ丁度良いです。もともと工務店で家を建てようとしてましたので。

 

→もっと詳しく住友不動産の評判・口コミを見てみたい方はこちらの記事へ!

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないためのヒント

現在日本の新設住宅着工戸数は年間で974,137戸、その内マイホームとして住宅を建築される家は年間で291,783戸にも登ります。(平成28年度)

私が住宅営業マンとしてハウスメーカーに勤め、多くのお客様のマイホーム計画に寄り添ってきた経験の中で、家を建てられた多くの方々の中には「もう一度家づくりをやり直したい…」と後悔をする方が予想以上に多いことに驚きました。

建築会社の間取りや見積もりなどの提案内容を、できる限り幅広く比較検討した上で契約を行っているご家族様が少ないのです。

だからこそ、空いている時間にでも構わないので、複数の建築会社の間取りや見積もりを見ておかれることをおすすめします。

自宅に「希望の間取り」と「見積もり金額」を各社から取り寄せられる無料請求のサービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

➡︎間取り・見積もりと会社カタログの無料請求はこちら

➡︎無料請求した間取り・見積もりのサンプル、請求の手順・流れを知りたい人はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。