アキュラホーム

アキュラホームの保証やアフターサービスってどう?他社と比較して確認しよう!

ミト
ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

あなたが当サイトにお越しいただいたのも何かの「ご縁」だと思いますので、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」を持って帰ってくださいね。

今回は、アキュラホームの保証やアフターサービスの内容について、ご紹介していきたいと思います。

▼こんな人にオススメ!▼

  • アキュラホームに家づくりを任せるか迷っている
  • 家づくりにおいて、「保証・アフターサービス」に関心がある
  • 家を建てた後のサポート体制を重視して、ハウスメーカー選びをしたい

 

 

アキュラホームの保証内容

山本家奥様
山本家奥様
アキュラホームって、前に展示場でカンナ削りのイベントをやっていたところよね?
山本家ご主人
山本家ご主人
そうそう!展示場を見てもとてもデザイン性が高かったので、強く印象に残ってるなー!

アキュラホームは、カンナ社長でもお馴染みの、木造住宅を販売しているハウスメーカーです。

全国の都道府県に展示場を出店している訳ではなく、むしろ地元に根付いたお付き合いを重要視するハウスメーカーと言えますね。

アキュラホームの魅力は、価格の低さとデザイン性です。

木造の良さを生かした自由な間取り・外観を、他のハウスメーカーよりも比較的安価に依頼することが可能です。

ただし、安かろう悪かろうの家を建ててしまうと、引き渡し後の住まいに安心ができません。

そこで考えておかなければいけないのが、保証とアフターサービスです。

アキュラホームで建築を考えている人は、必ず契約前に、アキュラホームの保証とアフターサービスの内容を確認しておくようにしましょう。

ミト
ミト
それでは、まずはアキュラホームの保証について、詳しく解説していきます!

アキュラホームの保証期間は35年?ちょっと待った!

アキュラホームの保証期間は、営業マンの説明の中や、HP情報の中からは、

お引き渡し後35年間の長期保証!

という謳い文句を耳にするでしょう。

山本家ご主人
山本家ご主人
ミトさん、低価格が売りのハウスメーカにも関わらず、保証の内容はそこまで悪くないじゃないですか!
山本家奥様
山本家奥様
本当だ!むしろ、大手ハウスメーカーの保証内容にも引けを取らない手厚さなんじゃ…
ミト
ミト
実は、それは少し違うのです…
このHPに来ていただいたからには、もう少し深い内容まで知って帰って下さい!

結論から言いますと、アキュラホームの初期保証期間(引き渡し後無料で備えられている保証期間)は、10年間のみです。

こちらをご覧ください。

アキュラホームHP参照「http://www.aqura.co.jp/support/guarantee.html」

「35年間長期保証プログラム」と記述されておりますが、よく内容を見てみると、引き渡し後10年目に有料メンテナンス工事を行った方に限り、引き渡し後35年目まで保証期間を延長する、という内容が見受けられます。

つまり、引き渡し後10年目にお金が発生するということですね。

ただ、引き渡し後10年目といえば、まだまだ家の寿命も長く健全な状態でしょうから、その段階で有料メンテナンス工事を行うご家族様は、比較的家計に余裕がある方に限られます。

初期保証の期間で10年目まで、というのは、国が定める瑕疵担保責任保険(国が定める最低保証期間)と同様です。

ミト
ミト
このことを知らずしてアキュラホームで契約してしまうと、引き渡し後に「聞いてない!」となってしまう可能性がありますので、ちゃんと把握しておくようにしましょう!
山本家奥様
山本家奥様
危なかった…初期保証は10年間だけなんですね。

ただし、他のハウスメーカーでも、アキュラホームと同じような謳い文句で保証を備付ける会社は、結構あります。

次の章で、具体的にハウスメーカー毎の保証内容を掲載いたします。

ミト
ミト
その前に、アキュラホームの保証について、一旦まとめておきますね。

●アキュラホームの保証内容●

初期保証10年間、延長保証で最長35年間の保証内容

  1. 基礎や屋根、柱など、構造上主要な箇所に対しては引き渡しから10年間の初期保証が設けられる
  2. 雨水の侵入などを防止する箇所に対して、引き渡しから10年間の初期保証が設けられる
  3. 防蟻処理・住宅設備機器は10年間

※上記、瑕疵担保責任保険と同様の内容

※なお、引き渡し後10年目に有償工事を行った場合、最長で引き渡し後35年目まで延長保証可能。

 

他社と比較して知るアキュラホームの保証

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、アキュラホームの保証について確認してみましょう。

会社名初期保証延長保証
積水ハウス30年間有料点検・補修によって10年毎に可能
ヘーベルハウス20年間無し
セキスイハイム20年間
一条工務店10年間30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店10年間瑕疵担保保険の内容です
パナホーム35年間10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
トヨタホーム30年間10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
住友不動産30年間10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
タマホーム10年間最長60年(長期優良住宅の施工邸のみで、その他は最高30年)
アイフルホーム10年間瑕疵担保保険の内容です
ミサワホーム30年間有料補修にて10年毎に延長可能
クレバリーホーム10年間有償メンテナンス実施で最長30年
ダイワハウス(xevo、GranWood系)30年間有料補修の実施にて15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外)20年間有料補修の実施にて10年毎に延長可能
三井ホーム10年間10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
住友不動産10年間引き渡し後10年目・20年目に有料工事を行う事で、最大30年目まで延長可能
アキュラホーム10年間 引き渡し後10年目に有料工事を行う事で、35年目まで延長可能

 

 

▼PC・スマホで一括請求▼

600社以上のハウスメーカーから間取り・見積もりを直接自宅へ無料請求できます!

一括請求の公式サイトはこちら


※まずは資料請求の手順と郵送サンプルを確認したい方はこちらの記事でご紹介しております。

 

アキュラホームのアフターサービス内容

山本家奥様
山本家奥様
アキュラホームの保証内容は分かったけど、アフターサービスに関してはどうなんだろう?
山本家ご主人
山本家ご主人
引き渡し後の住まいを支える大事な内容だから、しっかり確認したいね!

保証とは別に、引き渡し後の住まいのサポートとしてアフターサービスがございます。

どこのハウスメーカーでもやっており、主な内容は建造物の点検対応になります。

普段ご家族様が暮らしているだけでは気がつかない欠陥がないか、点検してもらうことは非常に大切なことなのです。

アキュラホームのアフターサービスは、いったいどのような内容なのでしょうか。

ミト
ミト
次の章では、アキュラホームのアフターサービスについて、詳しくご紹介していきたいと思います。

アキュラホームのアフターサービスは、引き渡し後10年間の点検サポート

アキュラホームのアフターサービスは、下記の図の通り、引き渡し後10年間の点検サポートと確認ができます。

アキュラホームHP参照「http://www.aqura.co.jp/support/guarantee.html」再掲
山本家奥様
山本家奥様
引き渡し後10年の点検って、実際のところどうなんですか?
ミト
ミト
んー、私の住宅営業の経験からして、引き渡し後10年間のみのアフターサービスは決して優れているとはいえませんね…

次の章でもご紹介しますが、大手ハウスメーカーのアフターサービス内容は、

  • 引き渡し後20年間は無理点検
  • 有償工事の実施で50年目まで延長可能
  • 引き渡し後30年間完全無料点検
  • 引き渡し後60年間完全無料の点検

など、かなり充実した内容を確認することができます。

一方でアキュラホームのアフターサービス期間は10年間のみなので、やはり手薄に感じてしまうのは避けられないでしょう。

また、期間だけではなく、アフターサービスの点検頻度に関しても、やや手薄な印象です。

アキュラホームでは、初期点検をご入居後に行い、その後は

  • 引き渡し後1年目
  • 引き渡し後2年目
  • 引き渡し後5年目
  • 引き渡し後10年目

の、10年間で合計5回のみの点検実施となります。

この辺りを見ても、やはり価格相応のサポート体制と考えずにはいられないでしょう。

●アキュラホーム のアフターサービス●

引き渡し後10年間の無料点検のみ

引き渡し後 直ぐに実施
引き渡し後        1年目
引き渡し後        2年目
引き渡し後        5年目
引き渡し後      10年目

 

他社と比較して知るアキュラホームのアフターサービス

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、アキュラホームのアフターサービスについて確認してみましょう。

会社名初期アフターサービス期間延長期間などの特徴
積水ハウス15年間延長保証を行なった場合に、保証期間分の期間を継続
ヘーベルハウス30年間30年目の大型メンテナンスでその後5年毎に60年目まで延長可能
セキスイハイム60年間60年間完全無料かつ5年毎の無料点検を継続
一条工務店10年間30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店10年間最長築30年目までの有償アフターサービス有
パナホーム25年間10年毎の有料点検にて60年目まで延長可能
トヨタホーム25年間5年毎に有料・無料の交互の点検サポートを60年目まで可能
ミサワホーム20年間有料点検の実施にて10年毎に延長可能
タマホーム10年間最長60年(保証期間に応じて変動)
アイフルホーム25年間有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友林業25年間有料点検の実施にて60年目まで10年毎に実施可能
クレバリーホーム10年間FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動
ダイワハウス(xevo、GranWood系)25年間有料点検の実施にて、保証期間内であれば15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外)15年間有料点検の実施にて、保証期間内であれば10年毎に延長可能
三井ホーム30年間有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友不動産10年間10年目・20年目に有償点検を行った場合、20年目・30年目まで延長可能
アキュラホーム10年間

 

元住宅営業マンからの、アキュラホームの保証やアフターサービス評価

ミト
ミト
保証、アフターサービス、共に他のハウスメーカーと比較した際には見劣りする内容ですね…

ただし、アキュラホームの魅力は価格の安さですので、こればっかりは価格相応と捉えるのが自然かもしれません。

ましてや、アキュラホームは全国展開を行っておらず、むしろ地元に根付いた経営スタイルをとっておりますので、全国区の大手ハウスメーカー同様の保証やアフターサービスの実施は難しいでしょう。

そんな中でも、「アキュラライフサポートシステム」という独自のサポート体制を採用するなど、決して家を引き渡したら終わりというような会社でもございません。

アキュラホームHP参照「http://www.aqura.co.jp/support/guarantee.html」

※「アキュラライフサポートシステム」:24時間住まいの相談が可能なコールセンター

※内容によっては有料対応とのこと

上記のような、アキュラホームの保証やアフターサービスの内容だけではなく、他のハウスメーカーのサポート内容も比較検討した上で、今一度ご契約の検討をしてみるのが良いのではないでしょうか。

アキュラホーム の保証・アフターサービスに関する評判・口コミ

アキュラホーム の保証やアフターサービスに関連する評判・口コミを一部抜粋して掲載しておきます。

家を引き渡してからは、営業マンの対応がすごく悪くなった。でも、引き渡し後も24時間サポートしてもらえるコールセンターがあるので安心です。
保証に関してはそこまで重要視していなかったので、内容はあまり知りません。ただ、他の工務店以上の内容であることは間違いないと思っています。
アフターサービスの点検時、メンテナンスの方と相性が悪かったので担当を変えてもらいました。あまりコミュニケーションが取れるタイプの人ではなく、点検してもらうことに不安を感じました。

 

→もっと詳しくアキュラホームの評判・口コミを見てみたい方はこちらの記事へ!

 

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないためのヒント

現在日本の新設住宅着工戸数は年間で974,137戸、その内マイホームとして住宅を建築される家は年間で291,783戸にも登ります。(平成28年度)

私が住宅営業マンとしてハウスメーカーに勤め、多くのお客様のマイホーム計画に寄り添ってきた経験の中で、家を建てられた多くの方々の中には「もう一度家づくりをやり直したい…」と後悔をする方が予想以上に多いことに驚きました。

建築会社の間取りや見積もりなどの提案内容を、できる限り幅広く比較検討した上で契約を行っているご家族様が少ないのです。

だからこそ、空いている時間にでも構わないので、複数の建築会社の間取りや見積もりを見ておかれることをおすすめします。

自宅に「希望の間取り」と「見積もり金額」を各社から取り寄せられる無料請求のサービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

 

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

 

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。

5分で複数社の間取りをGET
ミト
ミト
住宅営業マンに一切会わずに、複数社の間取りと見積もりを比較・検討することができます。

当サイトからも毎月、多くの方がこのサービスを利用しておりますので、スマホ・PCで5分、無料で自宅に取り寄せてみて下さい。

 

一括請求の公式サイトはこちら

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。