CATEGORY:アキュラホーム

アキュラホームの評判・口コミを元住宅営業マンが徹底解明!

ミト

ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在は「どのハウスメーカーにも属さない立場」から、お家づくりに必要不可欠なお役立ち情報を提供しております。

当サイトにお越しいただいた方々には、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」をお持ち帰りいただきたいと思っております。

今回は、元住宅営業マンである管理人の経験や、当サイトに寄せられた口コミをもとに「アキュラホームの評判」についてお伝えしていこうと思います。

ハウスメーカー選びで迷われている方や、今後総合住宅展示場へ足を運ぶ予定の方は、是非参考にしてみてください。

アキュラホームの気になる評判

「アキュラホームって、CMでやってる「カンナ社長」のハウスメーカーだよね?」

「アキュラホームの建てる家って、実際のところどうなんどろう?」

ハウスメーカー選びをされている方の中には、アキュラホームを検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

アキュラホームはTVCMでよく「カンナ社長がカンナがけをしている」映像が流れているので、多くの人の印象に残っているのではないかなと思います。

私が住宅展示場で勤務していた時、アキュラホームの展示場が近くにあったこともありますので、アキュラホームの営業マンの様子を感じたり、アキュラホームのイベントを近くで眺められたり、またお客様の「アキュラホーム」に対する評判をリアルタイムで聞くことができていました。

「アキュラホームって実際のところ、どうなんだろう…」と不安に思われる方が多いのは、それほどに「信憑性を感じられる情報が少ない」という事実があるからだと思います。

なので今回は、アキュラホームの会社概要やハウスメーカー・家の特徴、また当サイトに寄せられた口コミや評判、管理人が住宅営業時代に触れた「リアルなアキュラホームの印象」などの体験談をもとに、多角的な観点からアキュラホームについて考察していこうと思います。

山本家ご主人

山本家ご主人
ミトさん、アキュラホームでカンナ削りのイベントやってたから展示場によったんだけど、実際の評判や口コミってどうなのか気になって…詳しい情報を教えてくれませんか?
ミト

ミト
承知しました。それでは、まずはアキュラホームの会社概要から見ていきたいと思います。

「会社概要」から考察するアキュラホームの評判

アキュラホームの会社概要は以下の通りです。

会社名 株式会社アキュラホーム
創業 1978年10月
資本金 9,314万円
代表取締役社長 宮沢 俊哉
従業員数 1,179名(2017年8月31日現在)
売上高 380億円(2017年3月期)
本社 〒163-0234 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビルディング34階
扱う住宅構造 木造住宅
販売エリア 埼玉県、東京都、神奈川県、千葉県、茨城県、静岡県、愛知県、兵庫県、大阪府、岡山県、広島県
住宅販売戸数 約1,500戸(アキュラホームHP参照:http://www.aqura.co.jp/」 )
理念 職人品質をもっと身近に。

 

以上がアキュラホームの「会社概要」になります。

山本家奥様

山本家奥様
カンナ削りのイベントに参加した影響だと思うんだけど、カンナ社長のことが気になってて…!この宮沢さんって方がアキュラホームの社長さんなんですか?
ミト

ミト
そうです。そして、宮沢社長がカンナ社長ですね。

アキュラホームのカンナがけに込められた真意

アキュラホームのCMでカンナがけを行なっている宮沢社長ですが、そのカンナがけに込められた想いは、

  1. 「社長自身が元大工だから」→代々続く大工一家の社長の「職人の技術を身近に感じて欲しい」という思いを主張
  2. 「匠の心にこだわるから」→大量生産のハウスメーカーのいい部分だけではなく、一つの家にこだわる繊細さを主張
  3. 「ものづくりの本質を伝えたいから」→カンナがけの「カンナづくりの難しさ」と「カンナがけの難しさ」から、高品質を実現するには「愚直にコツコツ手を抜かずにやり続ける」ことの重要性を主張

などが挙げられますね。

会社の理念にも、

「職人品質をもっと身近に。」

という言葉があるように、長年培われた日本の家づくりの素晴らしさを生かした住宅販売を手がけている会社だと考えることができますね。

宮沢社長の名刺は、自身が直々にカンナがけを行なって生み出した「檜の素材」を取り入れられて作られていることからも、「一枚にこだわる精神」が現れております。

山本家ご主人

山本家ご主人
その思いをそのままCMにして放映しているってことなんですね…!
ミト

ミト
そうです。実際にアキュラホームの展示場でも定期的に「カンナがけ」を体験できるイベントもやっていますし、宣伝ガシラになっておりますね。

お客さんの口コミにも、

「カンナ社長」

の言葉が多く出てきたり、

「地元の大工の家ってイメージがある」

というような評判が多かったりと、その宣伝効果は大きいことが考えられます。

アキュラホームが「木造住宅」に焦点を絞り、かつ「在来工法」にこだわった家づくりをしている「ハウスメーカーの特徴」にも繋がってきますね。

アキュラホームは全国展開はしていない

アキュラホームのCMで口コミ・評判は広がっておりますが、それは「首都圏」や「関西圏」また、名古屋や岡山、広島県あたりまでであることが確認できました。

その理由は、アキュラホームの販売エリアにありますね。

アキュラホームは他の大手ハウスメーカーと比較すると、限られたエリアでのみ住宅販売を展開しておりますので、

「九州地方で建築を考えている!」

という方や、

「東北地方で建築を考えている!」

という方にとっては、候補には加えることができません。

一方、その点で気になるのが、「住宅の性能」の幅です。

全国のハウスメーカーであれば

「北海道から九州地方までの「寒暖」な気候に耐えられる断熱性・気密性」

を兼ね備えて住宅を造りますが、アキュラホームに関しては「快適性」に関して安心感が得られるのでしょうか?

この辺りは、次項の「「ハウスメーカーの特徴」から考察するアキュラホームの評判」で解説していきたいと思います。

山本家奥様

山本家奥様
ミトさん、アキュラホームの家の金額や性能、保証の面なんかも気になってきちゃった〜!
ミト

ミト
承知しました。それでは、アキュラホームの住宅の特徴を「評判・口コミ」も絡めながら見ていきたいと思います。

アキュラホームと競合比較されやすいハウスメーカー

アキュラホームのハウスメーカーの特徴に移る前に、私が住宅営業マンとして働いていた頃に仕入れた「アキュラホームを検討している人は〇〇のハウスメーカーも比較的に検討している」という情報をお伝えしておきます。

今現在「アキュラホームが気になっている…」という方や、「間取りの打ち合わせの真っ最中だ…」という方は、下記の建築会社に関しても比較検討してみてもいいかもしれません。

アキュラホームと比較検討されやすいハウスメーカーはこちらです。

●アキュラホームと比較されやすい建築会社●

・クレバリーホーム
・ヤマダ・エスバイエルホーム
・一条工務店
・地元の工務店
・設計事務所
・etc…

山本家奥様

山本家奥様
こう見てみると、比較検討されやすいのは「ローコストの住宅メーカー」が多いのかしらね…
ミト

ミト
おっしゃられる通りです。逆に考えると、アキュラホームの特徴もまた「ローコスト」の側面を兼ね備えていることがわかります。

クレバリーホームヤマダ・エスバイエルホームはフランチャイズ展開を行なっているローコスト住宅メーカーです。

また一条工務店も、他のハウスメーカーと比較した時に「金額」に関して優位性を持っているハウスメーカーですね。

工務店設計事務所を検討されている方々が多かったことから、「アキュラホームの間取り・外観」の自由度が高いのではないかという予測が立ちます。

共通していることは、「木造思考のお客様で、ローコスト重視のマイホーム計画」を考えやすい建築会社での比較検討がされているということです

「アキュラホームは、見積もりで頂いた金額が他のハウスメーカーと比べて安かった!」

「地元の工務店と何が違うの?」

というような評判、口コミが多いことからも、上記の事実には納得です。

「ハウスメーカーの特徴」から考察するアキュラホームの評判

それでは、「アキュラホームの住宅・会社の特徴」から評判を考察していきます。

以下は、アキュラホームに関する特徴を「会社の規模感・信頼度」「家の性能」「間取り・外観等のデザイン」「坪単価(お求めやすさの度合い)」「保証・アフターサポート」「住宅営業マンの対応力」といったような多角的な項目内容別にまとめた評判のサマリーデータです。

●参考データ●

※「マイホームプランナー宛にいただいた口コミ情報」「管理人ミトが住宅営業として働いていた時に身をもって確認した事実情報」「管理人ミトが対応したお客様・ご契約者さまの感想・口コミ」「住宅産業新聞のデータ」「オリコン顧客満足度調査のデータ」等を総合的に加味した上で独自で作成した参考データになります。

この項目の内容に沿いながら、アキュラホームの評判を考えていきます。

会社の規模感・信頼度

まずは、アキュラホームの「会社の規模感・信頼度」についてです。

この項目に関しては、

  • 全国展開していない
  • 年間着工戸数1,500棟
  • 特に代替となる事業柱があるわけではなく、大きなグループ組織を形成しているわけではない

という事実概要から、大手ハウスメーカーと比較すると「全幅の信頼を寄せるには至らない」と考えられます。

リフォーム事業や商業施設・大型ビルの建設業といった「他の柱」に頼ることができない分、アキュラホームがこの先も継続して住宅業界で成果を上げていくためには、今後の年間住宅販売戸数を伸ばして行く他ありません。

日本国内で見てみたときに、「年間戸建て着工戸数」は年々減少していることを考えると、さらに少ないパイの取り合いに勝ち残らなければいけない現状にあります。

なので、今後の業績によっては「会社の規模感の拡大」や「信頼度の上昇」は考えられますが、今現在の状況を考えると、やや信頼感には物足りなさを感じてしまいます。

家の性能

アキュラホームの家の性能について見ていくことにしましょう。

構造は「木造軸組構法」の「S&Iテクノロジー」採用住宅

アキュラホームの家の構造は「木造軸組構法」です。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

こちらの「木造住宅のメリット」を伝えている記事でもご紹介させていただいておりますが、いわゆる「在来工法」であり、日本古来から受け継がれてきた木造住宅の建築構造を採用しておりますね。

「アキュラホームは他の大手ハウスメーカーと比較して間取りが自由に確保できた」

というような評判も多いのですが、それは

  • 2×4工法やパネル工法と比較したときに、軸組構法の方が自由度が高い

ことが大きな要因でしょう。

また、「S&Iテクノロジー」と呼ばれる工夫をアキュラホームでは行なっております。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

「外周部分のスケルトン」「内装部分のインフィニティ」を掛け合わせられるという意味で、

  • ・耐震性・耐久性を追求しながらでも自由に間取りを作っていけます

という思いを込めて名付けられておりますね。

山本家ご主人

山本家ご主人
ミトさん、そうはいっても、アキュラホームの家は地震に強いの?
ミト

ミト
はい。それを判断する材料として「耐震実験」の内容を見ていくことにしましょう。

耐震性能は実験にて実証済み

アキュラホームでは「耐震実験」を行なっております。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

  1. 阪神淡路大震災想定(818ga)→損傷なし
  2. 新潟中越地震(川口町)想定(2,036gal)→損傷なし
  3. 新潟中越地震(小千谷町)想定(1,314gal)→壁紙にわずかな亀裂

このように、過去の大きな地震の衝撃を3回連続で与えたにも関わらず、「クロスにわずかな亀裂が入った」のみの損傷で済んでおり、震災で倒壊した建物によく見られていた

  • 接合部分の損傷・変形
  • ボルトや金物の破損
  • その他構造内の破壊

といったような大きな損傷な見られなかったということです。

どこぞの工務店の在来工法の家を建てるよりもはるかに安心して暮らしていくことができると考えられるのではないでしょうか?

基礎は地盤強度に応じて変更可能

アキュラホームの基礎の構造は

  • 布基礎
  • ベタ基礎

のどちらでも応じることができることが確認できます。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

基礎に関しては「布基礎とベタ基礎」を解説している記事でもご紹介させていただいている通り、

  • 地盤の強さ
  • 構造タイプ

によってどちらを使うほうがいいのかを判断できます。

アキュラホームでは、基礎の構造から派生して

  • 具体的な地盤調査
  • 地盤改良

の工事についても一括で任せられることが分かりました。

高倍率耐力壁「ストロングウォール」

「アキュラホームの住宅はこれといった特徴が見られない…」

このような口コミを見かけることもありましたが、その中でも唯一アキュラホームが性能面でこだわりを持って使っていると考えられるのが、

  • 高倍率耐力壁「ストロングウォール」

でしょう。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

石膏ボードと組み合わせることで、壁面の耐力性能を通常の強さの5倍に引き上げることを実現させた耐力壁ですね。

東京大学とアキュラホームで共同開発し、国土交通大臣の認定を受けている材料でもあります。

このストロングウォールの活用によって、

  • 通常の壁倍率では難しい「大型空間」を実現
  • 壁の量が少なく済むため、後々のリフォームにも役立つ

というようなメリットが存在しております。

快適性に関しては不安が残るか…

アキュラホームの快適性に関しては、他の建築会社と比べたときには不安が残ります。

24時間換気システムの効果が未知数

まずは「家の快適性」を考える上で最も大切な「気密性」の高さと「換気システム」の充実度ですが、気密性に関しては数値が公表されておりません。

HP上では「高気密住宅」という文言を見かけられますが、その真意を確認することはできませんでした。

また、換気システムに関しても、

「居室の空気口より空気を取り入れて、トイレ・洗面所・ホールの換気口から24時間換気を続ける」

という内容から、

「その換気システムであれば「アパート」でも既に採用されている換気方法」

というような不安な感覚を覚えます。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

各居室に設けられた吸排気口から、機械で24時間換気しているのであれば問題ないですが、そのような特徴を確認できないため、こちらも他のハウスメーカーと比較して不安が残りますね。

床下は外気が通通か

先ほどの「換気システムの性能」に不安を感じたのは、

  • ・基礎内部の換気方法

にも紐づいております。

他のハウスメーカーであれば、

  • ・基礎の周りを密閉し、外気との接触を防ぐ
    ・基礎の内部の温度・湿度は換気システムで調整

するため、

  • ・床下が外気温に触れないため、冬場でも底冷えがしない
    ・床下が強制的に換気状態になるため、湿気がこもらない

というようなメリットが存在しております。

一方アキュラホームの基礎の換気は「自然換気」であり、

「外気を床下に貫通させることで湿気をためない構造」

になっております。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

昔の住宅やアパートなどの構造ですので、冬場であれば床下に0度の空気が流れている現象が起こってしまいます。

結果的に、居住空間の快適性を損なうことにつながりますので、床暖房や断熱材の増量など、断熱性にお金をかけてカバーする必要がありそうです。

間取り・外観等のデザイン

アキュラホームの住宅は「1邸1邸こだわりの自由設計」を手がけていることが確認できました。

これは、私が住宅営業マンとして勤務していた体験談でもありますが、確かに他のハウスメーカーと比較したときに

「アキュラホームの方が間取りを自由に作っていくことができます」

「ここのスペースを、もう10cm広げたいんですが…アキュラホームではできたんですけど…」

というような評判・口コミを聞いていたので、その通りの情報だと感じます。

家族によって千差万別のライフスタイルを支える住まいは、1邸1邸異なる間取り・外観であることは間違いない、だからこそ、理想の暮らしを実現させるために「オンリーワンの自由設計で家を作っていく」という思いが込められているのですね。

特に決められた商品タイプは存在しておらず、

  • 大きな収納のある空間演出がいいな…
  • エコにこだわった住宅が作りたいんだ!
  • 平家や三階建の家がいいんだけどな〜

というようなお客様の要望をコンセプトに「間取りや外観」を作っていくことができると考えられます。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

一方で、

「デザイン提案や間取りの提案力に関しては、他者のハウスメーカーや設計事務所の方が上だった」

というような評判や口コミを多々見かけることができました。

自由に設計できる環境があるから「自分たちも予想していなかったような設計提案が受けられる」とは限らないようですね。

現に、私の担当していたお客様も

「他の設計事務所で図面を引いてもらったんだけど、金額が高くて…そのままアキュラホームに持って行きました」

とおっしゃっていた方もいますので、デザインや間取りのアイデアを広げるためにも、一度は手広くハウスメーカーの間取り・外観を収集した方がいいかもしれません。

(ちなみに、600社以上の建築会社の中から、希望エリア内の建築可能な会社の「間取り・見積もり」を一括資料請求できる無料サービスがオススメです。)

こちらのサイトで建築会社の資料を一括で取り寄せることができます

山本家ご主人

山本家ご主人
設計事務所がアキュラホームと比較されている理由が少しわかった気がしますね。
ミト

ミト
そうでしょ?設計力に関して言えば、地元の工務店並である可能性が高いですね。

坪単価(お求めやすさの度合い)

アキュラホームの坪単価は50万円〜60万円がマジョリティ価格であることが確認できました。

この金額は、

・ハウスメーカーと比較すれば安い
・工務店と比べてみると「トントン」あるいは「やや高い」

印象を受けますね。

「アキュラホームは住宅購入価格が低く抑えられる」

という評判は「ハウスメーカーと比較」された方々の意見であり、

「アキュラホームはそこまで金額が安い印象はなかった…」

という口コミは「工務店」を比較検討されていたお客様の意見であることが予想できます。

とはいっても、今まで見てきた建築会社の中で考えたときに、金額の面で考えると「お求めやすいハウスメーカー」であることは間違い無いでしょう。

山本家奥様

山本家奥様
ローコスト住宅ですもんね!金額は一つの魅力だわ!
ミト

ミト
はい。他の会社と同じ間取り、同じ大きさであれば、金額は200万円〜300万円ほど安く抑えられそうです。一方で、その分「家の性能」や「アフターサポート体制」を妥協しなければなりませんけどね。

保証・アフターサポート

アキュラホームの保証、アフターサポートに関しては、他のハウスメーカーと比較すると、やはり劣っています。

金額を下げたローコスト住宅ならではの我慢しなければいけないポイントなのかもしれませんね。

長期35年保証と謳っているが…

アキュラホームの保証体制は35年間の長期保証です。

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

しかし、これは「引き渡し後10年語にアキュラホームが指定した有償補修工事を行なった場合」のみなので、実質の初期保証は工務店同様10年間です。

大手ハウスメーカーの中には、長ければ30年、20年の初期保証を導入している会社もありますので、比較した時の内容の手薄さはぬぐいきれません。

工務店との比較であれば、同等の保証を実現させることはできるでしょう。

引き渡し後のアフターサポートは10年間

また、アキュラホームでは、

「ご入居後1回目、1年後、2年後、5年後、10年後の点検サポート」

を謳っており、その後の無料点検サポートに関しては実施しておりません。

「アキュラライフサポートシステム」と呼ばれる対応システムは存在しておりますが、それでさえ一部有料とのこと…

「アキュラホームHPより:http://www.aqura.co.jp/」

目に見えない部分の不具合を早期発見・早期治療できることが「アフターメンテナンス」の魅力なのですが、10年間のみの対応ということになりますね。

住宅の不具合が起こる可能性は、住みだして15年・20年・30年と経っていくごとに高まりますので、ご自身でしっかりと管理していく必要性がありそうです。

住宅営業マンの対応力

アキュラホームの営業マンは、地域や支店によってバラバラですね…

「他のハウスメーカーの営業マンよりもフィーリングがあった!」

「住まいに対するこだわりが強く、売って終わりの関係にならないと感じた!」

というようなポジティブな評判もあれば、

「たった1回の間取り提案しかしてもらえず、その後の打ち合わせは契約後と言われた…」

「なんだか見下されているような接客対応だったことが残念」

というようなネガティブな口コミも確認できます。

フランチャイズ経営ということもあり、その支店ごとの教育方針、管理体制によって「接客スタイル」や「提案内容」にばらつきがあることが考えられます。

私が住宅営業をしていたときに同ハウスメーカー内にあったアキュラホームの展示場の営業マンは

  • 比較的年配の営業マンが多かった
  • 新人らしき営業が配属されてきたが、半年経たず見なくなった(異動したのかな?)
  • 展示場メンバー全員が展示場の前で呼び込みをしている時間帯がちょこちょこ見かけられた

というような感じでしたね。

その展示場内でも、優秀な営業マンとそうでない営業マンははっきりと別れていたように感じます。

口コミから知るアキュラホームの評判

アキュラホームに関する口コミをご紹介します。

40歳 男性

40歳 男性
大手ハウスメーカーのグループ会社とアキュラホームさんで迷っておりました。どちらの会社の営業さんも非常に親切で、アキュラホームさんの営業の方が知識が豊富でしたが、もう一方のハウスメーカーの営業さんは新人ながらに一生懸命頑張ってくれていました。最終的には、金額が現実的なラインに落ちついたアキュラホームさんでの契約を決めました。今打ち合わせの真っ最中です。
38歳 女性

38歳 女性
アキュラホームの展示場へ足を運んだことがあります。比較的自由に間取りを作ってもらえるとのことだったので、一括資料請求した間取りやsuumoなどの住宅雑誌の間取りを見せて、あーでもないこーでもないと、親身になって打ち合わせに付き合っていただきました。しかし、最終的には間取りが煮詰まる前に「契約してくれないと打ち合わせが進められない…」と営業さんに言われたため、他の工務店で家を建てました。
33歳 男性

33歳 男性
展示場の前に置いてある景品目当てで展示場に入りました。そのことを営業マンに伝えると、ただただ後ろをついてくるだけで、早く帰ってくれオーラが半端なかったです…。家づくりは考えていたのですけどね。

私が競合した経験から伝授したいアキュラホームの評判

私が住宅営業の仕事をしていた時にアキュラホームとバッティングする機会も多々ありましたので、アキュラホームに直接触れることで感じた印象や体験話を、リアルな口コミとして掲載しております。

ミト

ミト
アキュラホームの営業マンは、他のハウスメーカーと比べて「元気がなかった」ように感じます。比較的年齢が高かったこともあるかもしれませんが…。裏でタバコを吸ってばかりいる営業マンや、建物の影で携帯をいじっているのをよく見かけた営業マンなど、正直あまりいい印象は持てませんでした。
ミト

ミト
商品のデザイン自由度は高かったと感じます。他のハウスメーカーで仕入れてきた図面を参考に間取りを作り直せていたとお客様から伺ったこともあります。家事導線や生活動線を工夫されたい方にはいいかもしれません。

アキュラホームで建築するのに向いている人はこんな人

これまでの口コミ・評判から考えられる「アキュラホームでの建築が向いている人」はこのような方々です。

●評判から考えられる「アキュラホームでの建築が向いている人」●

・地元の工務店並みの地域密着体制を望まれ、かつハウスメーカーの家を建てたい方

・間取りのや生活空間を自由に作っていきたい方

・予算に上限がある方や、低価格での建築を叶えたい方

このような方々は、アキュラホームでの建築が向いていると考えられます。

最後に…アキュラホームと他社を比べてみることの重要性

いかがでしたでしょうか。

今回は、私の住宅営業時代の体験談を交えながら、アキュラホームの評判や口コミに関して複数の観点から解説してまいりました。

  • アキュラホームで契約をするか迷っている
  • 逆に、他のハウスメーカーとアキュラホームを比較検討したい
  • 間取りや見積もりを見比べたい
  • そもそも、これから家づくりを始める

このような方々は、ぜひ契約前に、「建築会社の間取り・見積もり」を一括請求しておきましょう。

間取り・見積もりと会社カタログ請求はこちら▶︎▶︎

今後、営業マンから提示される間取りや見積もり価格に、「ちょっと待った!◯◯って何でこうなってるの?」と、おかしな点を指摘できるようになり、損をしない家づくりに役立ちます。

自宅から、スマホでもPCでも5分ほどで入力が完了し、600社を超えるハウスメーカーから一括で無料請求ができますので、ぜひ使ってみてください。

無料請求した間取り・見積もりのサンプル、および請求の手順・流れを知りたい人はこちら▶︎▶︎