夢のマイホームを実現!正しい知識とハウスメーカーの選び方

ミト

ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マン・現在どのメーカーにも属さないフリーの立場から、夢のマイホーム実現に役立つ他では聞けないリアルな情報をお届けしております。

管理人である私の体験談や、私が住まいづくりをお手伝いしたお客様からの生の意見も取り入れておりますので、ごゆっくりご覧になられてくださいね。

夢のマイホームを実現させる秘訣①「正しい知識」を得ること②「ハウスメーカーの選び方」を知ること

「家族や友人に自慢できるような、素敵なマイホームを手に入れたい!」

「安心して自分たちのマイホームを任せられるハウスメーカーで契約したい!」

「一生で最も大きな買い物だから、何がなんでも失敗したくない!」

家づくりを計画されている方々であれば、一度は考えたことがある内容ではないでしょうか?

マイホームを計画すること、それは「自分の人生の中で一度きりかつ最高額の買い物」をすることであり、また別の観点からは「家族の将来を設計する機会」であるとも考えることができます。

私も、住宅営業マンの仕事を約10年間続けてきましたが、その中で数えきれないほどの「マイホーム計画」のお手伝いをさせていただきました。

そこで出会ったご家族様1組1組に、それぞれ違った「希望」や「想い」が秘められており、同時にそれぞれ違った「悩み」や「不安」を抱えられていることを体感しました。

喜びや期待、悩みや不安が渦巻く「マイホーム計画」だからこそ、信頼できる「正しい情報」を得ることが本当に重要だと断言できるでしょう。

元住宅営業マンとして、数々の「マイホーム計画の成功・失敗」の体験を見てきた私が考えるに、夢のマイホームを実現させる秘訣は、大きくこの2つに集約されております。

夢のマイホームを実現させる秘訣

  1. (できればハウスメーカーと話が進んで行く前に)自分たちのマイホーム計画を成功させることに役立つ「正しい知識」を得る
  2. 自分たちのマイホームを「最大限に実現」させられるハウスメーカーの選び方を知る

この2点を実行したご家族様は、ハウスメーカーと契約した後のお打ち合わせや、引き渡し後の新築生活が始まった後においても、「素敵なマイホームを手に入れられて本当に良かったー!」と大満足に感じられる方が非常に多いと断言できます。

「とにかく、ハウスメーカーへ足を運ばないとマイホーム計画は始まらない!」

「住宅営業マンから教えてもらった知識から、自分たちのマイホームの軸を考えよう!」

「よく分からないけど、まずは来週あたりにふらっと住宅展示場へ行ってみよう!」

このように考えている方がいらっしゃれば、まずは「マイホームプランナー 家づくりの手順」を読んでみてください。

マイホームの計画における必須内容①「損をしないための知識」

まず、マイホームの計画を行なって行くにあたって、「自分たちのマイホーム計画を成功させるための知識」を取捨選択して仕入れておくことは、必ず行なっておいてほしい内容であります。

家づくりでは、考えなければいけないことが山ほどあります。

  • 間取り
  • 外観
  • デザイン
  • 内装(インテリア)
  • 外構(エクステリア)
  • 断熱性・気密性
  • 耐震性・耐久性
  • 換気システム
  • 家の構造
  • 外壁・屋根などのメンテナンス予測
  • 保証
  • アフターサポート
  • 資金計画・返済計画
  • 住宅ローン
  • 生命保険
  • 固定資産税
  • 不動産取得税
  • 火災保険・地震保険
  • 国の給付金
  • 長期優良住宅
  • etc…

その全ての内容を「詳しく・正しく・網羅的」に勉強していくことは、ほとんど不可能に近いと行っても過言ではないでしょう。

また、現在インターネット上では、「ハウスメーカーのランキングサイト」や「住まいづくりの口コミ情報」などの多くの情報が飛び交っておりますが、その信憑性に不安を感じておりませんか?

多くの人が平等に活用できる「マイホームを成功させるための教科書」のような、網羅生と信憑性を兼ね備える総合情報媒体は、現在ほとんど見つけられないのが現状です。

だからこそ、当サイト「マイホームプランナー」では、

  • 元住宅営業マンだから伝えられる「正確且つ実際に使える情報」
  • マイホーム計画を進めて行く流れに沿う」形で
  • 「どのハウスメーカーにも偏ること」なくフラット
  • 「どの情報サイトよりも網羅的」

掲載させていただいております。

その真意は、

家族のマイホーム計画を実現に向けて進めて行くには、正しい知識が必要不可欠だから

ということにに他なりません。

後でもご説明させていただきますが、「住宅営業マンの本当の意味での仕事」は「家を多く売ること」でございます。

だからこそ、

「住宅営業マンの伝える情報」=「自社の商品を買ってもらうために加工した情報」であり、

「住宅営業マンから得られる知識」=「家族のマイホームを実現するのに必要な知識」ではないと言えるのです。

初めから知っていれば「正しい選択、正しい判断」ができたケースも、「不必要、または間違った知識」を仕入れてしまうことで、結果的に「家族で描いたマイホームとはかけ離れた暮らし」を手に入れてしまう可能性だってあるのです。

結果的に「あの時こうして入れば…」と後悔してしまわないためにも、正しい情報を知ることが重要なのです。

マイホームの計画において必須内容②「失敗しないハウスメーカーの選び方」


「なんだか思っていたようなマイホームは実現できなかったなぁ…」

「これが私たちの家だ!って強く思えないんだよなぁ…」

マイホームを建てられた方の中には、このような感情を抱くことになる人も少なくはありません。

その大きな原因となっているのは、「ハウスメーカーの選び方」を間違えてしまったことによる内容が圧倒的に多いと考えられます。

ハウスメーカーの選び方で失敗する理由は、大きく分けて3つの原因に分類されるのですが、多くの方々はこの事実を知っておりません。

というよりも、マイホーム計画を初めて行う人が「ハウスメーカー選びで失敗する原因」を知ることができるわけがないですよね。

しかしながら、理想の住まいづくりを実現させるためには、「自分たちの理想を「本当に」叶えてくれるハウスメーカー」と契約することが、絶対条件です。

だからこそ、マイホーム計画を進めて行くにあたって、「失敗しないハウスメーカーの選び方」については、「お家づくりの知識」と合わせて確実に仕入れておく必要があるのです。

ハウスメーカーでは、本当の意味で自分たちに必要な情報は教えてもらえない

先ほどもお話しさせていただきましたが、住宅営業マンの仕事は、「家をより多くの人に買ってもらうこと」でございます

  • 一生に一度のライフイベントに寄り添いたい
  • お客様の人生のパートナーとして働きたい
  • 住まいから世の中の人々の役に立ちたい

確かに、このように考えて働いている住宅営業マンもおりますし、実際に私が住宅営業の仕事をしていたときには「お客様の理想を実現させるために力を使いたい」と考えて働いておりました。

しかし、これらの内容は全て「枝葉」の部分であり、全ての住宅営業マンの存在意義である「幹」の部分には、

「自社商品を売ること」

なのです。

そのことが原因で、「自社商品を買ってもらいやすいように誘導する知識・情報提供」はしてもらえますが、それが「本当に自分たちのマイホーム計画に必要な情報」ではないことも多いのです。

ハウスメーカーで出会う住宅営業マンの役割

「住宅営業マンは家を売りつけてくる!」というようなイメージを持たれた方も多いかとは思います。

「住宅営業マン=敵」と考えている人にもたくさん接客させていただきました。

しかし、間違いなく

「住宅営業マン=味方」

であり、

「住宅営業マン=自分たちのマイホーム計画を成功へ導くためのパートナー」

だということです。

お客様と住宅営業マンの関係は、あくまで「人と人との関係」であり、お互いが信頼しあえるかどうかは「理想のマイホームを実現できるかどうか」に大きく関わってきます。

ハウスメーカーで出会う営業マンの役割は「生涯のライフパートナー」であると考えられます。

ハウスメーカーに情報をもらうのではなく、自分たちがハウスメーカーから情報を取りに行く

大切なのは、「自分たち自身の知りたい情報をある程度しっかりと持っておく」ことです。

「ハウスメーカーに情報を教えてもらう」姿勢で足を運んでしまうと、「ハウスメーカー主導のマイホーム計画」になってしまう可能性が高いです。

「ハウスメーカーで情報を集めに行く」姿勢で足を運ぶことで、「自分達家族主導のマイホーム計画」を行うことができますし、出会うべき営業マンを「感じる」ことができるようにもなります。

また、自分たちが「ハウスメーカーから情報を取りに行く」ためには、ハウスメーカーに足を運ぶ前のリサーチが非常に重要です。

総合展示場へ足を運び、全てのハウスメーカーに足を運ぶことは、時間・体力もかかりますし、余計な情報や住宅営業マンからの猛アプローチが予想されますので、お勧めできません。

あらかじめ「自分たちのマイホームの優先事項」を洗い出し、その計画を成功させるために必要な知識を知り、合わせて「各社のハウスメーカーの情報リサーチ」を行うことが、実は一番大切なのです。

マイホーム計画を成功させるための流れが存在している

当サイトでは、より多くの方々に「理想のマイホーム」を実現できるように、「家づくりの流れ」を詳細にご紹介させていただいております。

「家づくりの流れは、とりあえずハウスメーカーへ足を運ぶことから始まるんでしょ?」

「契約してからの流れが大変だよね…!」

このように考えられる方もおられるかと思いますし、決して間違っているとは思いません。

しかし今では、「とりあえずハウスメーカーに出向く」「手探りで計画を進めて行く」よりも、もっと効率よく「理想のマイホーム」を実現させる可能性を高められる「家づくりの流れ」が存在しております。

  • 自分たちが知りたい情報は一体何だろう?
  • ハウスメーカーに足を運ぶ前に準備する内容ってなんだろう?
  • 失敗しないハウスメーカーの選び方って?
  • 契約後の家づくりの流れはどんな感じなんだろう?

家づくりの手順」では、ハウスメーカーへ足を運ぶ前や、実際にハウスメーカーの展示場の回り方など、各ステップごとに該当情報へリンクするようになっております。

ぜひ参考にしてみてください。

夢のマイホームを手に入れるために…

人それぞれに違ったこだわりや理想がある住まいづくり。

人生で最も大きな買い物だからこそ、悩みや不安を感じることも多いです。

しかし、その悩みや不安を超えた先に、「本当に建ててよかった!」と家族で笑える暮らしが待っています。

マイホーム計画は、「家族の理想の暮らし」を共有するところから始まっています。

そして、ハウスメーカー選びもまた、展示場へ足を運ぶ前に始まっています。

一生に一度の大切な家族イベントだからこそ、

  1. まずは家族内で「夢のマイホームの軸」を固める
  2. その理想を叶えられるハウスメーカーの資料を取り寄せる
  3. その後、ハウスメーカーを絞り込み、目的を持って情報を取りに行く

というような「慎重なステップ」を踏むのがおすすめです。

ハウスメーカーや営業マンとの出会いがご縁であるならば、あなたが当サイトに足を運んだことも何かのご縁です。

ぜひ、お役に立てる情報を持って帰ってくださいね。

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないために、今すべきこと

どのハウスメーカーにも属さなくなった今だからこそ、管理人の私から皆様にぜひオススメしたい家づくりのサービスがございます。

それは、全国600社以上の建築会社から、無料で自宅に間取りと見積もりを取り寄せることができる、次世代型資料請求サービスです。

この資料請求サービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

『複数の建築会社を自由に選択して、無料で自宅に「間取り・見積もり」を取り寄せる』

間取り・見積書を無料で請求する>>

まずは資料請求の方法を確認する>>