住友林業

住友林業の保証やアフターサービスってどう?他社と比較して確認しよう!

ミト
ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

あなたが当サイトにお越しいただいたのも何かの「ご縁」だと思いますので、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」を持って帰ってくださいね。

 

今回は、住友林業の保証やアフターサービスの内容について、ご紹介していきたいと思います。

▼こんな人にオススメ!▼

  • 住友林業で契約しようか迷っている
  • 家づくりにおいては、「保証・アフターサービス」が心配だ
  • 家を建てた後のサポート体制を重視して、ハウスメーカー選びをしたい

住友林業の保証内容

山本家奥様
山本家奥様
住友林業って大手のハウスメーカーだけど、保証もしっかりしているのかしら?

家作りを考えていくにあたり、建築前に欠かさず押さえておく必要があるのが、保証の内容でございます。

なぜなら、家作りの目標は家を立てること、で終わるのではなく、実際に建てた後、長年快適に安心して生活していくこと、だからですね。

保証内容が充実しているかそうでないかによって、万が一の時のサポート内容が大きく異なります。

だからこそ、この記事を読んでいる方の中には、ハウスメーカーの保証内容に関して重視されている方も多いのではないでしょうか?

ミト
ミト
それでは早速、住友林業の保証内容について詳しく解説して行きたいと思います!

 

住友林業の保証は30年間、ですが・・・

結論からいきますが、住友林業の保証期間は、初期保証としては10年間のみであり、最長で考えた場合が30年間、でございます。

住友林業HP参照:「https://sfc.jp/ie/support/30-60years.html」

 

山本家奥様
山本家奥様
うわー、ミトさん!さすが大手のハウスメーカーだけあって、工務店や設計事務所よりも保証期間が充実してますね!
ミト
ミト
確かに、30年という数字だけ見れば、かなり充実していると考えられるのですが、もう一歩先の情報までキャッチするようにしてください。
山本家奥様
山本家奥様
と、言いますと・・・?

 

よく見てみると、「維持保全計画書」に基づくメンテナンス工事を当社で実施していただいた場合、30年間保証します」という文言が確認できるかと思います。

この「維持保全計画書」は国が定めたものでもなんでもなく、住友林業が独自で使用しているメンテナンス計画書なんですね。

そして、この計画書には、新築のお引き渡し後10年目より、定期的な有料メンテナンス工事がを実施する旨の内容が記載されております。

つまり、無料で受けられる保証期間は10年間のみで、残り20年は、継続して住友林業のメンテナンス工事を依頼した場合に限り、保証適用となるのです。

ミト
ミト
ちなみに、2018年までのHPでは、下の図のようにしっかりその旨明記されてましたが、2019年以降は記載されなくなり、初期保証が10年間のみということがわかりづらくなっています・・・。
住友林業HP参照:「https://sfc.jp/ie/support/30-60years.html」

 

山本家奥様
山本家奥様
本当だ!30年間無料で保証がついてくると思ってたけど、実はそうではなかったんですね・・・!

 

まとめると、住友林業で建築された住宅の保証内容は、下記の通りです。

  1. 基礎や屋根、柱など、構造上主要な箇所に対しては引き渡しから10年間の初期保証が設けられている
  2. 雨水の侵入などを防止する箇所に対して、引き渡しから10年間の初期保証が設けられる
    ※以上、瑕疵担保責任保険と同等の内容
  3. もし、10年目以降も定期的に住友林業のメンテナンス工事を実施した場合、最長30年目まで上記保証期間が延長可能

他の大手ハウスメーカーの中には、

  • 初期保証20年間の無料長期保証

というような手厚い保証を備え付けているハウスメーカーも多いので、住友林業の保証期間にそこまで大きな魅力を感じられないかもしれませんが、工務店や設計事務所のように、国が定める瑕疵担保責任保険のみの会社と比べると、安心できる内容だと思います。

また、住友林業の家は、そもそも耐久性の優れた素材を多く使用された家でございますので、保証期間とは別に、長期的な家の寿命に関しては安心できるのではないでしょうか。

例1)30年間耐久性部材

  • コロニアルグラッサ(瓦材)
  • セルフクリーニング仕様サイディング(外壁材)

例2)60年間耐久性部材

  • LS ルーフィング(屋根材)
  • タイル仕上げ(外壁材)
住友林業HP参照:「https://sfc.jp/ie/support/30-60years.html」

 

●住友林業の保証内容●

初期保証10年間+延長保証20年間(有料)=最長30年間保証

  • 構造耐力上主要な部分の保証…初期保証10年
  • 雨水侵入防止部分の保証…初期保証10年
  • 「維持保全計画書」に基づき住友林業でメンテナンス工事を行なった場合、保証期間は最長20年間延長される。
  • 他社と比較して知る住友林業の保証

 

他社と比較して知るアイ工務店の保証

ミト
ミト
実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、住友林業の保証について確認してみましょう。

 

●有名ハウスメーカーの保証内容●

会社名 初期保証 延長保証
積水ハウス 20年間 有料点検・補修によって10年毎に可能
ヘーベルハウス 20年間 無し
ダイワハウス 20年間 有料補修の実施にて10年毎に延長可能
セキスイハイム 20年間
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
三井ホーム 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
アイ工務店 10年間 瑕疵担保保険の内容です
ミサワホーム 30年間 有料補修にて10年毎に延長可能
パナホーム 35年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 30年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
住友不動産 30年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(長期優良住宅の施工邸のみで、その他は最高30年)
アイフルホーム 10年間 瑕疵担保保険の内容です
クレバリーホーム 10年間 FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動
住友林業 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能

 

 

▼PC・スマホで一括請求▼

600社以上のハウスメーカーから間取り・見積もりを直接自宅へ無料請求できます!

一括請求の公式サイトはこちら


※まずは資料請求の手順と郵送サンプルを確認したい方はこちらの記事でご紹介しております。

 

住友林業のアフターサービス内容

山本家ご主人
山本家ご主人
住友林業の保証については分かったけど、アフターサービスはどうなんだろう・・・?

保証の内容と合わせて気にしておく必要があるのが、アフターサービスですね。

住友林業のアフターサービスの内容に関して、気になられている方々も多いのではないでしょうか?

保証期間に関しては、延長することによって30年間という魅力的な内容であった住友林業ですが、アフターサービスに関してはどのような内容なのか、気になりますよね。

ミト
ミト
では、実施に住友林業のアフターサービスの内容に関して解説していきたいと思います。

※管理人ミトは、アフターサービス(無料で点検を受けられるサポート期間)に関しては、マイホームの性能や間取りと同等に、ハウスメーカー選びを行う比較材料になると管理人は考えております。

詳しくは「アフターサービスは超重要!」の記事を参考にしてみてくださいね。

住友林業のアフターサービスは最長60年間のロングサポート、ですが・・・

住友林業で実施されるアフターサービスは、最長60年間の点検サポートであることが確認できます。

 

住友林業HP参照:「https://sfc.jp/ie/support/30-60years.html」
山本家ご主人
山本家ご主人
おお〜!保証は初期期間が10年間で少しがっかりしたけど、アフターサービスはとても長いんですね!
ミト
ミト
確かに60年間のアフターサービスはとても魅力的なのですが・・・。

再び「ですが・・・」ばかり言って申し訳ございませんが、住友林業のアフターサービスは、実は無料期間が20年間のみとなっております。

図の表記では、無料保証期間は25年となっておりますが、実は「25年目まで保証期間を延長した方に限り、25年目の点検に関しては無料で実施を行う」ことになっておりますので、実質保証期間を初期10年で終了した場合は、無料アフターサービスは引き渡し後20年目までの、計7回となっております。

住友林業の無料アフターサービス

  1. お引き渡し後 3ヶ月
  2. お引き渡し後 1年前後
  3. お引き渡し後 2年前後
  4. お引き渡し後 5年前後
  5. お引き渡し後 10年目
  6. お引き渡し後 15年目
  7. お引き渡し後 20年目
  8. お引き渡し後 25年目※保証期間を25年目まで延長した場合

セキスイハイムでは、完全無料で60年間アフターサービスが全邸備えられておりますが、一般的には住友林業と同様に、初期無料点検期間が20年で、有料で60年間サポート可能、という実態が多く見られますね。

山本家ご主人
山本家ご主人
なるほど、60年間無料ではないけど、決してサービス内容が手薄というわけではないんですね。
ミト
ミト
そうですね。

あくまで上記のアフターサービスは、決して手薄な内容ではございませんが、完全に60年間無料で点検サポートが受けられるということではございませんので、その点ご注意してくださいね。

●住友林業のアフターサービス内容●

  • 引渡し後20年目までは完全無料の点検サポート
  • 保証期間を25年目まで延長した家族については、25年目に関しても無料で点検を行う
  • 20年目(25年目)以降〜60年目まで、希望者に限り10年ごとに有料点検を実施

 

他社と比較して知る住友林業のアフターサービス

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、住友林業のアフターサービスについて確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーのアフターサービス内容●

会社名 初期アフターサービス期間 延長期間などの特徴
積水ハウス 15年間 延長保証を行なった場合に、保証期間分の期間を継続
ヘーベルハウス 30年間 30年目の大型メンテナンスでその後5年毎に60年目まで延長可能
ダイワハウス 20年間 有料点検の実施にて50年目まで延長可能
セキスイハイム 60年間 60年間完全無料かつ5年毎の無料点検を継続
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
三井ホーム 30年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
アイ工務店 10年間 最長築30年目までの有償アフターサービス有
ミサワホーム 20年間 有料点検の実施にて10年毎に延長可能
パナホーム 25年間 10年毎の有料点検にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 25年間 5年毎に有料・無料の交互の点検サポートを60年目まで可能
住友不動産 お客様センターへ問い合わせなければ点検は行われない
タマホーム 10年間 最長60年(保証期間に応じて変動)
アイフルホーム 25年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
クレバリーホーム 10年間 FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動
住友林業 25年間 有料点検の実施にて60年目まで10年毎に実施可能

 

元住宅営業マンの、住友林業の保証やアフターサービス評価

ミト
ミト
住友林業の保証・アウターサポートは、共に大手ハウスメーカーと比較して平均的な内容でございます!

上記の比較表でも分かる通り、住友林業の保証、それからアフターサポートに関しては、他の大手ハウスメーカーと同様の内容であることが分かりますね。

なので、地場の公務店や設計事務所と比べると、もちろん手厚いサポート体制が整っておりますし、かと言って、他の大手ハウスメーカー以上に充実した内容、というわけでもないです。

保証・アウターサービスに関しては、本当に平均的な内容だと感じます。

ただ、私の営業時代の経験から、間違いなく展示場で保証とアフターサポートの説明を受ける際には、

営業マン
営業マン
保証期間は30年なので、他のハウスメーカー以上の手厚さです!
営業マン
営業マン
アフターサポートも60年間ロングサポートなんです!

というように、最長の期間で説明を受けるかと思います。

このサイトに来てくださった皆様には、

山本家奥様
山本家奥様
あ、最長30年間だけど、実際は10年間が初期保証期間だから、前に見学した〇〇ハウスと同じだな!
山本家ご主人
山本家ご主人
お、60年間の無料点検というけど、実際には20年。それでも設計事務所にはない魅力だな。

というように、正しい物差しで判断してくださいね。

住友林業の保証・アフターサービスに関する評判・口コミ

住友林業の保証やアフターサービスに関連する評判・口コミを一部抜粋して掲載しておきます。

引き渡し後8ヶ月ほどしてリビングのテレビの裏のクロスにヒビが入りました。ただ、1年目の無料点検の際に合わせて無料で直していただきました。木材は時間とともに伸縮するからクロスに影響が出たんだそうです。
こ友人が住林さんで建築したらしいが、保証の期間が当初言っていた内容と違うとプンプンしていた。ただ、自分たちの家よりも保証が手厚く、やはり大手は違うなーと感じた。(ちなみに、私たちは親の知り合いの大工さんに立ててもらいました。)
ちょっとした家の相談事があったのだが、コールセンターに電話したらすぐにアドバイスがもらえて助かった。

→もっと詳しく住友林業の評判・口コミを見てみたい方はこちらの記事へ!

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないためのヒント

現在日本の新設住宅着工戸数は年間で974,137戸、その内マイホームとして住宅を建築される家は年間で291,783戸にも登ります。(平成28年度)

私が住宅営業マンとしてハウスメーカーに勤め、多くのお客様のマイホーム計画に寄り添ってきた経験の中で、家を建てられた多くの方々の中には「もう一度家づくりをやり直したい…」と後悔をする方が予想以上に多いことに驚きました。

建築会社の間取りや見積もりなどの提案内容を、できる限り幅広く比較検討した上で契約を行っているご家族様が少ないのです。

だからこそ、空いている時間にでも構わないので、複数の建築会社の間取りや見積もりを見ておかれることをおすすめします。

自宅に「希望の間取り」と「見積もり金額」を各社から取り寄せられる無料請求のサービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

 

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

 

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。

5分で複数社の間取りをGET
ミト
ミト
住宅営業マンに一切会わずに、複数社の間取りと見積もりを比較・検討することができます。

当サイトからも毎月、多くの方がこのサービスを利用しておりますので、スマホ・PCで5分、無料で自宅に取り寄せてみて下さい。

 

一括請求の公式サイトはこちら

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。