イシンホーム

イシンホームの保証やアフターサービスってどう?他社と比較して確認しよう!

ミト
ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

あなたが当サイトにお越しいただいたのも何かの「ご縁」だと思いますので、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」を持って帰ってくださいね。

今回は、イシンホームの保証やアフターサービスの内容について、ご紹介していきたいと思います。

▼こんな人にオススメ!▼

  • イシンホームに家づくりを任せるか迷っている
  • 家づくりにおいて、「保証・アフターサービス」に関心がある
  • 家を建てた後のサポート体制を重視して、ハウスメーカー選びをしたい

 

イシンホームの保証内容

山本家ご主人
山本家ご主人
イシンホームって、アイフルホームとかと同じフランチャイズのハウスメーカーだよね?
山本家奥様
山本家奥様
そうそう!フランチャイズに加盟したオーナー中心にイシンホームの販売活動を行なっているんだよね!

皆さんの中には、イシンホームで家づくりを考えているご家族様も多いのではないでしょうか?

イシンホームは、フランチャイズ方式で住宅販売を行うハウスメーカーです。

フランチャイズのメーカーにあるメリットとしては、中間マージンの削減などからくる低価格さでございます。

しかし一方で、引き渡し後の保証やアフターサービスに関しては、各加盟店ごとに独自で対応しているケースが多く、実態がつかめないのが現状ではないでしょうか?

イシンホームも例外ではございません。

安心して安全に長く生活していくためには、引き渡し後の保証・アフターサービスの内容がとても重要です。

ミト
ミト
それではまずは、イシンホームの保証について詳しく見ていくことにしましょう。

イシンホームの「安心・安全の3大保証・保険システム」とは?

私が住宅営業をしていたころ、イシンホームを検討しているお客様から、

イシンホームの保証は、3大保証として家づくり前、家づくり中、家づくり後に備えられているけど、おたくの会社の保証はどうなの?

と質問されたことがございました。

3大保証という文言が気になり、この後イシンホームの保証について詳しく調べてみると…

イシンホームHP参照「https://housing.ishinhome.co.jp/safety/hosyo.php」

確かに、「安心・安全の3大保証・保険システム」というフレーズで保証を謳っている情報が見つかりました。

山本家ご主人
山本家ご主人
これだけ見ると、イシンホームの保証はとても充実しているように見えますね!
山本家奥様
山本家奥様
実際のところ、この3大保証は手厚い保証なのかな?
ミト
ミト
このあとざっと一つひとつ見ていきますが、先に結論をお伝えしておきますと、この「安心・安全の3大保証・保険システム」、実はどこのハウスメーカーもやっている内容です。
山本家ご主人
山本家ご主人
そうなんですか?

「安心・安全の3大保証・保険システム」について、イシンホームでは大きく

  1. 引き渡し前
  2. 建設中
  3. 引き渡し後

の、それぞれのフェーズにおいて保証を用意していると謳っています。

まず、引き渡し前ですが、

イシンホームHP参照「https://housing.ishinhome.co.jp/safety/hosyo.php」

図のように、地盤保証システムとして、建築地の地盤強度の保証を行なっております。

これは、家を建築するにあたり、どこのハウスメーカーでも必ず行う調査(および保証)なので、特別イシンホームが独自性を持って行なっている保証ではございません。

山本家ご主人
山本家ご主人
そうなんですねー!

次に、建設中ですが、完成引き渡し保証システムというものを備え付けております。

イシンホームHP参照「https://housing.ishinhome.co.jp/safety/hosyo.php」

万が一加盟店が倒産した場合でも、以前よりイシンホームで契約していたお客様の家は、メーカー側が責任をもって完成させることを約束する保証になります。

こちらに関しても、フランチャイズメーカーであればどこでもやっている内容であり、逆にやっていなければ不安で契約しないと思います。

山本家奥様
山本家奥様
確かに…!

そして最後に引き渡し後の保証ですが、こちらについては瑕疵担保責任責任保険の内容で、引き渡し後10年間、家の主要な部材および雨漏りに付随する部材を保証するものとなります。

イシンホームHP参照「https://housing.ishinhome.co.jp/safety/hosyo.php」

前置きが長くなりましたが、イシンホームの保証期間としては、ずばり上記の10年間のみということになり、延長保証等のサポートはございません。

瑕疵担保責任保険の内容ですから、工務店や設計事務所と同じ保証内容とも言えます。

山本家ご主人
山本家ご主人
そうなんだー、じゃあイシンホームの保証は、他のハウスメーカーと同じような内容と考えればいいですね!
ミト
ミト
そうですね。ただ、大手のハウスメーカーを検討している方からしたら、少し物足りなさを感じるかもしれません。

詳しくは、次の章の他社比較表をご覧になって下さい。

一旦イシンホームの保証についてまとめておきます。

●イシンホームの保証内容●

引き渡し後10年間のみ保証

  1. 基礎や屋根、柱など、構造上主要な箇所に対しては引き渡しから10年間の初期保証が設けられる
  2. 雨水の侵入などを防止する箇所に対して、引き渡しから10年間の初期保証が設けられる

※上記、瑕疵担保責任保険と同様の内容

※なお、「安心・安全の3大保証・保険システム」として、地盤保証と完成引渡保証が備えられています。

 

他社と比較して知るイシンホームの保証

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、イシンホームの保証について確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーの保証内容●

会社名 初期保証 延長保証
積水ハウス 30年間 有料点検・補修によって10年毎に可能
ヘーベルハウス 20年間 無し
セキスイハイム 20年間
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店 10年間 瑕疵担保保険の内容です
パナホーム 35年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 30年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
住友不動産 30年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(長期優良住宅の施工邸のみで、その他は最高30年)
アイフルホーム 10年間 瑕疵担保保険の内容です
ミサワホーム 30年間 有料補修にて10年毎に延長可能
クレバリーホーム 10年間 有償メンテナンス実施で最長30年
ダイワハウス(xevo、GranWood系) 30年間 有料補修の実施にて15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外) 20年間 有料補修の実施にて10年毎に延長可能
三井ホーム 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
住友不動産 10年間 引き渡し後10年目・20年目に有料工事を行う事で、最大30年目まで延長可能
イシンホーム 10年間

 

 

▼PC・スマホで一括請求▼

600社以上のハウスメーカーから間取り・見積もりを直接自宅へ無料請求できます!

一括請求の公式サイトはこちら


※まずは資料請求の手順と郵送サンプルを確認したい方はこちらの記事でご紹介しております。

 

 

イシンホームのアフターサービス内容

山本家奥様
山本家奥様
イシンホームの保証については詳しく知ることができたね!
山本家ご主人
山本家ご主人
そうだね!ただ、イシンホームのアフターサービスについてはどんな内容なんだろう?

イシンホームの保証については、上記で詳しく解説して参りました。

一方で、家が完成した後のことを考えるにあたり、もう一つ大切な内容がアフターサービスでございます。

引き渡し後に暮らす家の隅々までプロに点検してもらえるサービスであり、素人目にはわからない不具合や欠陥を早期的に発見することが可能になるのです。

家の品質を長く保つためには、不具合が悪化して取り返しがつかなくなる前に、未然に防止することが重要なポイントです。

だからこそ、アフターサービスは大切な内容と言えるのですね。

イシンホームのアフターサービスについてはどのような内容なのでしょうか?

ミト
ミト
それでは次に、イシンホームのアフターサービスについて詳しく見ていきたいと思います。

イシンホームのアフターサービスは、引き渡し後10年間のみ

結論からお伝えしますと、イシンホームのアフターサービスは引き渡し後10年間のみ備えられております。

山本家奥様
山本家奥様
なるほど…保証期間と同様の感じですね…
山本家ご主人
山本家ご主人
この10年間って期間、実際のところどうなんだろう?
ミト
ミト
イシンホーム以外の住宅メーカーが実施するアフターサービスに関して、その比較表については次章で詳しく解説しておりますが、イシンホームのアフターサービスは総じてそこまで手厚い印象を受けません。
イシンホームHP参照「https://housing.ishinhome.co.jp/safety/hosyo.php」

引き渡し後10年間のみ、という内容であれば他のハウスメーカーであればどこでもやっておりますし、むしろ10年目以降のサポートに関しても実施しているメーカーもございます。

例えば、

引き渡し後10年間は無料点検
→追加で10年間アフターサービスを実施

引き渡し後20年間は無料点検
→追加で10年間アフターサービスを実施

保証期間が続く限りアフターサービスも継続する

などはザラですね。

特に、保証体制が整っている大手ハウスメーカーなどは上記のようなアフターサービスを備えている傾向にあります。

また、イシンホームでは引き渡し後10年間の間に実施される点検回数は、

  • 引き渡し後 6ヶ月
  • 引き渡し後 2年目
  • 引き渡し後 5年目
  • 引き渡し後 10年目

合計4回のみでございます。

期間だけでなくアフターサービス頻度の観点からも、イシンホームのサポート体制はやや手薄だと言えますね。

とはいえ、工務店や設計事務所ではアフターサービスそのものがない、という会社もございますので、それを考えるとまだ良い方かも知れませんね。

一先ず、イシンホームのアフターサービスについてまとめておきます。

●イシンホームのアフターサービス●

引き渡し後10年間のみ

引き渡し後   6ヶ月
引き渡し後   2年目
引き渡し後   5年目
引き渡し後 10年目

 

他社と比較して知るイシンホームのアフターサービス

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、イシンホームのアフターサービスについて確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーのアフターサービス内容●

会社名 初期アフターサービス期間 延長期間などの特徴
積水ハウス 15年間 延長保証を行なった場合に、保証期間分の期間を継続
ヘーベルハウス 30年間 30年目の大型メンテナンスでその後5年毎に60年目まで延長可能
セキスイハイム 60年間 60年間完全無料かつ5年毎の無料点検を継続
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店 10年間 最長築30年目までの有償アフターサービス有
パナホーム 25年間 10年毎の有料点検にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 25年間 5年毎に有料・無料の交互の点検サポートを60年目まで可能
ミサワホーム 20年間 有料点検の実施にて10年毎に延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(保証期間に応じて変動)
アイフルホーム 25年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友林業 25年間 有料点検の実施にて60年目まで10年毎に実施可能
クレバリーホーム 10年間 FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動
ダイワハウス(xevo、GranWood系) 25年間 有料点検の実施にて、保証期間内であれば15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外) 15年間 有料点検の実施にて、保証期間内であれば10年毎に延長可能
三井ホーム 30年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友不動産 10年間 10年目・20年目に有償点検を行った場合、20年目・30年目まで延長可能
イシンホーム 10年間

 

 

元住宅営業マンからの、イシンホームの保証やアフターサービス評価

ミト
ミト
フランチャイズのハウスメーカーらしい保証、アフターサービス内容だと感じます。

なので、大手ハウスメーカーや保証に力を入れている住宅会社と比較するとやや手薄な印象を受けますね…

ご紹介したとおり、イシンホームの保証とアフターサービスは共に10年間のみ、という内容です。

なので、他のハウスメーカーと比較すると手薄な印象が強いです。

同じフランチャイズメーカーのアイフルホームやユニバーサルホームと比較しても、そこまで秀でたサポート内容ではございません。

イシンホームの魅力はここではないと感じますので、保証やアフターサービスに重きを置くご家族様にらあまり向かないハウスメーカーかも知れませんね。

イシンホームの保証・アフターサービスに関する評判・口コミ

イシンホームの保証やアフターサービスに関連する評判・口コミを一部抜粋して掲載しておきます。

イシンホームで家を建てました。営業の方とはとても親密になり、引き渡しが終わってからも年賀状のやりとりをしています。何かあったら営業→メンテナンス担当に連絡してもらい、点検に駆けつけてもらっています。
自分達が契約したエリアのイシンホームが倒産しました。なので、引き渡し後のリペアに関しては全て自分達で行う必要があります。不安です。
イシンホームの保証は、友達が建ててもらったハウスメーカーと比較しても、あまり良い内容ではないかもしれません。ただ、その分価格が安く買ったので、私たちはそちらを優先しました。

 

→もっと詳しくイシンホームの評判・口コミを見てみたい方はこちらの記事へ!

 

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないためのヒント

現在日本の新設住宅着工戸数は年間で974,137戸、その内マイホームとして住宅を建築される家は年間で291,783戸にも登ります。(平成28年度)

私が住宅営業マンとしてハウスメーカーに勤め、多くのお客様のマイホーム計画に寄り添ってきた経験の中で、家を建てられた多くの方々の中には「もう一度家づくりをやり直したい…」と後悔をする方が予想以上に多いことに驚きました。

建築会社の間取りや見積もりなどの提案内容を、できる限り幅広く比較検討した上で契約を行っているご家族様が少ないのです。

だからこそ、空いている時間にでも構わないので、複数の建築会社の間取りや見積もりを見ておかれることをおすすめします。

自宅に「希望の間取り」と「見積もり金額」を各社から取り寄せられる無料請求のサービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

 

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

 

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。

5分で複数社の間取りをGET
ミト
ミト
住宅営業マンに一切会わずに、複数社の間取りと見積もりを比較・検討することができます。

当サイトからも毎月、多くの方がこのサービスを利用しておりますので、スマホ・PCで5分、無料で自宅に取り寄せてみて下さい。

 

一括請求の公式サイトはこちら

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。