ハウスメーカー

三井ホームの耐震や断熱などの性能を、家の構造と共に確認してみる!

ミト
ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンの立場から、現在はフリーの立場で家づくりに役立つ情報をお伝えしております。

当サイトにお越しいただいた方々には、ぜひ家づくりに活かせる情報をお持ち帰りいただければと思っています。

今回は、三井ホームの耐震性や断熱性などの「家の性能」に関して深掘りして参ります。

▼この記事をオススメする人▼

  • 三井ホームで家づくりを検討している方
  • 外張り断熱の家を建てたい方
  • 耐震性、断熱性に関心がある方

 

三井ホームの気になる性能

山本家奥様
山本家奥様
三井ホームって、完全オーダーメイドが売りのハウスメーカーだっけ?
山本家ご主人
山本家ご主人
そうだよ。だから、間取りや外観の評判・口コミがかなり高いらしいね!

皆さんの中には、三井ホームで家づくりを検討している方も多いのではないでしょうか。

三井ホームは、1974年の10月11日に創業し、大型商業施設の建築や土地開発、またリフォーム事業など、住まいに関して多岐に渡るサービス展開を行っているハウスメーカーです。

なので、他の大手ハウスメーカーのように「戸建住宅販売部門」が売り上げの大半を占める会社ではなく、均等に売り上げがばらけているため、戸建事業がこけたからと言って直ぐに倒産してしまう恐れはまずないでしょう。

また、三井ホームの特徴としては、

  1. 完全オーダーメイドの自由設計な住まいづくり
  2. ヨーロピアン調の外観が得意なデザイン
  3. 大手ハウスメーカーの中でも建築価格は高額な部類に属する

などの特徴が目立ちますが、一方で耐震性や断熱性などの性能面に関してはあまり目立った情報が無いのが正直なところです。

三井ホームに関して隅々まで調べた上で契約するかどうか判断していただきたいので、この記事では情報の少ない三井ホームの耐震性・断熱性などの性能面に関してご紹介して参ります。

山本家ご主人
山本家ご主人
宜しくお願いいたします!

 

三井ホームの耐震性

三井ホームの耐震性能に関しては、評判・口コミの内容がかなり良いです。

▼三井ホームの主な評判内容▼

  • 40年以上全半壊の家が全く無い耐震性があると知り、木造住宅だけど安心できた!
  • 震度7の揺れに60回以上耐えられることを証明した耐震実験を公表しているので、さすが大手といった印象
  • 木造軸組構造×壁倍率5.0倍のダイアフラム×超剛性ベタ基礎は他の木造メーカー以上のこだわりが感じられる

このように、三井ホームで建てた方々からも耐震性に関して全幅の信頼が寄せられておりますね。

管理人個人的にも三井ホームの耐震はかなり高性能だと感じております。

山本家奥様
山本家奥様
三井ホームでは住宅構造に何か特別な工夫がされているのかなあ?
ミト
ミト
その通りです。三井ホームでは、家を支える「基礎」「壁」「屋根」にメーカー独自の耐震対策が施されております。

三井ホームを支える「プレミアム・モノコック構法」

三井ホームの住宅構造は、木造の「枠組壁工法(モノコック構法)」を採用して造られております。

その特徴は、基礎・壁・屋根に対して特に大きく見られます。

この構法は、三井ホームが独自で採用している「マットスラブ基礎」「ダイアフラム」「DSP(ダブルシートパネル)」が一つに集約されることで実現する構法ですね。

三井ホームの高い耐震性のを実現させている構法なのですが、その特徴について一つずつご紹介します。

①マットスラブ基礎

三井ホームの基礎は「マットスラブ基礎」と呼ばれる、「ベタ基礎+増量された鉄筋」の超剛性ベタ基礎を採用しております。

基礎には「布基礎(点で家を支える基礎)とベタ基礎(面で家を支える基礎)」の2種類があり、地震や不同沈下(建物の重みで地面に沈んでいく現象)に強い基礎は、三井ホームが採用しているベタ基礎です。

▼Tips▼

布基礎とベタ基礎に関する情報は下記の記事でご紹介しております。

布基礎とベタ基礎、結局どっちがいいのでしょう?

ベタ基礎の中には鉄筋が組み込まれているのですが、ハウスメーカーの中にはコストカットを最優先にして鉄筋のピッチ幅を広げ、鉄筋量を減らしているハウスメーカーも残念ながら存在します。

一方で、三井ホームのマットスラブ基礎の場合、下の写真のようにびっしりと鉄筋が敷き詰められているため、非常に強い基礎を採用していることがわかりますね。

三井ホームHP参照「https://www.mitsuihome.co.jp/」
山本家奥様
山本家奥様
すごいですね!他のハウスメーカーもこの基礎を採用したらいいのに!
ミト
ミト
ただ、唯一のデメリットと言えるのが「金額」です。布基礎に比べて「コンクリート量」「鉄筋量」「施工費」が高くなるため、坪単価も含めた価格帯がぐっと上がってしまうことが懸念されます。
山本家ご主人
山本家ご主人
なるほど…特に三井ホームの場合、鉄筋の量をかなり増やしていますもんね。
ミト
ミト
そうなんです。でも、金額をかけた甲斐があって耐震性能も大幅に向上しているので、ご家族様がどちらのメリットを重視してマイホーム計画を進めていくかにもよりますかね。

②三井ホームのダイアフラム

ダイアフラムは「枠組材と面材が一体化」されたモノコック構法の構造の名称です。

三井ホームHP参照「https://www.mitsuihome.co.jp/」

通常でしたら写真のように「接合部分に揺れの力が集中しやすく、接合部が外れてしまう」現象が危惧されております。

それは「鉄骨住宅」であっても「木造住宅」であっても同様です。

三井ホームのダイアフラムでは、接合部を「枠組×面材」の固定化するによって、強固な構造を実現できているというわけですね。

そして、その構造を囲む外壁材もBSW(ブロック・アンド・シームレスウォール)と呼ばれる耐久性・耐火性・衝撃性に強い独自の素材を使って形成されているため、壁の強さに関しても非常に安心感が持てます。

山本家奥様
山本家奥様
耐震性に加えて耐火性能も備わっているのか…すごい!

③DSP(ダブルシートパネル)

三井ホームの屋根には「断熱材と構造用面材」を一体化させているDSP(ダブルシートパネル)という屋根を使っております。

三井ホームHP参照「https://www.mitsuihome.co.jp/」

優れているのは「小屋裏に熱をこもらせない断熱性能(外張り断熱の考え方と同様)」なのですが、耐力面に関しても2,4トンの重りにも耐えられる強度を備えているため、基礎・壁だけではなく、屋根からも家を支えていることがわかります。

40年以上全・半壊無しの実績を誇る耐震性

性能面に限らず、三井ホームでは多くの情報を包み隠さず開示しているあるため、不安なく納得した上で安心してマイホーム計画を進めやすいです。

こと「耐震性」に関しても、

「震度7に60回以上耐えた実績を保証する独自の耐震実験」

を敢行しており、231kine(加速最大速度と呼ばれる「地盤の揺れ」を表す数値)の揺れにも60回以上耐えております。

(ちなみに、阪神・淡路大震災で112.1kine、東日本大震災で106kineです。)

また、揺れだけではなく、地震の瞬間的な衝撃にも同様に60回以上耐えることができており、5,115gal(加振最大加速度と呼ばれる「瞬間的な地震の衝撃」を表す数値)の衝撃をクリアしております。

(ちなみに阪神・淡路大震災で891gal、東日本大震災で2,933galです。)

この実験データに裏づけさせるかのように、三井ホームの家は「過去40年間全・半壊してしまった家」は一棟もないことが実証されております。

「三井ホームHP参照:http://www.mitsuihome.co.jp/」

 

阪神・淡路大震災や熊本地震、また記憶に新しい東日本大震災と言ったような「全国各地」で起きてしまった震災の影響を受けずに命を守り続けている「三井ホームの耐震性」は、非常に高いことが考えられるでしょう。

 

▼PC・スマホで一括請求▼

600社以上のハウスメーカーから間取り・見積もりを直接自宅へ無料請求できます!

一括請求の公式サイトはこちら


※まずは資料請求の手順と郵送サンプルを確認したい方はこちらの記事でご紹介しております。

 

三井ホームの断熱性

次に、三井ホームの断熱性に関してご紹介して参ります。

三井ホームでは、断熱性の数値に関しても公表されており、

UA値=0.43 

※北海道、東北地方の省エネ基準は0.46以下

というかなり高い数値が実証されております。

全邸標準仕様でこの断熱性が備えられており、気温の変化が激しい日本で家を建てる際にはかなり有難い情報ですね。

三井ホームの断熱材はロックウール

また、三井ホームで使われている断熱材はロックウールです。

三井ホームHP参照「https://www.mitsuihome.co.jp/」

この図のように、グラスウールと比べて遥かに水分を含みにくい素材でできており、そもそもの断熱性能もグラスウールの1.3倍程度見込めるため、断熱材のグレードは高いでしょう。

当サイトでは、グラスウール×戸建住宅の危険性を度々ご紹介して参りましたが、三井ホームの場合、その心配は大幅に軽減されていると考えて良いでしょう。

ミト
ミト
ただし…

あくまでも、三井ホームの断熱工法場重点断熱のため、外張り断熱の家と比べると断熱欠損や経年劣化、腐朽菌の発生等のリスクは大きくなります。

詳しくは下記の記事を参考にしてみて下さい。

外張り断熱って何?4つのメリットと3つのデメリットを徹底解明! 今回は「外張り断熱」について、そのメリットやデメリットも含めてご紹介させていただこうと思っております。 マイホーム計画の「...

Smart Breeze(スマートブリーズ)で快適な住環境

また、断熱性能と合わせて快適性に関しても「全館空調付き換気システム」であるスマートブリーズの評判が良く、

「価格は高いが搭載しておいてよかったと実感!」

という口コミが多く見られました。

Smart Breezeの導入によって、「温度・湿度」を各部屋均等に調整することができるため、各部屋の温度差が少なくすることができます。

管理人が個人的に懸念しているのが、三井ホームでは気密性に関する数値が邸ごとに大きく異なるため、空調システムの効果的な働きを証明することができない点です。

山本家ご主人
山本家ご主人
ミトさん、気密性と空調システムは、全く別物ですよね?なんで空調システムに気密性が関係してくるんですか?
ミト
ミト
実は、空調システムを最大限に稼働させるためには、「高い気密性」は外せないポイントになるんです。

気密性と空調システムは切っても切れない関係にあり、例えば、

  • A=穴の空いたストローでジュースを飲む
  • B=穴の空いていないストローでジュースを飲む

みなさまは、上記のAとBを比較した時に、どちらがジュースが飲みやすいと考えますか?

山本家ご主人
山本家ご主人
それはもちろん、Bの穴の空いていない方のストローだよ!
ミト
ミト
山本様、なぜそのように考えられましたか?
山本家ご主人
山本家ご主人
だって、穴が空いていたらそこから空気が漏れちゃってジュースがうまく運べないじゃないですか?
ミト
ミト
山本さま!ご名答です。そしてまさにそれが「気密性が換気システムの効率に大きく関わっている」答えです。

言い換えると、家の隙間が多ければ多いほどそこから空気が逃げてしまうため、いくらいい空調システムを採用しても、いくら清浄されたきれいな空気で温度が調節されていても、各界の部屋の隅々まで空気が循環しなくなってしまうのです。

山本家ご主人
山本家ご主人
なるほど!効率よく空調システムを働かせるためには、隙間の少ない家が必要なんだ!
ミト
ミト
それが「気密性が高い」家であり、空調システムとの大きな関係性でもあるのです。
高気密住宅の9つのメリットを元住宅営業マンが伝えます 今回は、「高気密住宅」に関する情報をお届けしたいと思っております。 「家の快適性」について詳しく知りたい方は、ぜひ参考にし...

気密性は不透明ですが、三井ホームの断熱ラインは「床・壁・屋根」となっており、小屋裏にこもりやすい熱も「屋根で断熱している」ことによって軽減されます。

ロフトや多層階の間取りなど、自由設計が可能な三井ホームでは、ロフトの快適性まで手に入れられることが考えられているのです。

なので、結論を言えば、快適性に関しては一定の安心感が得られると考えられます。

 

元住宅営業マンが考える三井ホームの耐震・断熱の性能面

ミト
ミト
オーダーメイド住宅ならではの、自由設計のデザインに関する魅力が先行している三井ホームですが、断熱性や耐震性に関しても十分に安心できる高い性能の住宅だと思います。

大手ハウスメーカーのメリットとも言えるのですが、耐震性に関しては自社で耐震実験を行うことで品質を証明しております。

三井ホームに関しても例外ではなく、むしろ他社よりも細かい指標と過酷な条件を設定して耐震実験を行なっているため、

「三井ホームは自由設計の家だから耐震に関して不安だな…」

「鉄骨の家の方が耐震性能が高いから、木造の家は検討外だな…」

というような不安材料をある程度払拭することができると感じました。

また、断熱材に関してもスマートブリーズを搭載することで、吹き抜けやロフトがあるような自由設計の間取りでも温度調節が可能となり、室内の快適性に関しても担保できていると感じます。

ただし、スマートブリーズが故障した場合、全ての部屋の空調がストップしてしまう懸念点があったり、そもそもの全館空調の初期費用が高額なことから、これらの不安点に関しては契約前に営業マンと相談し、事前に対策を考えておくことをお勧めしたいですね。

 

口コミから知る三井ホームの性能の評判

三井ホームの耐震性や断熱性に関して、評判や口コミの内容を一部抜粋して掲載いたします。

三井ホームの家を気に入っていたのですが、価格面で折り合いがつかず断念しました。デザインも素敵だし、自由設計にも関わらず大震災級の揺れにも耐えられる耐震性能も備わっていて、文句無しでした。ただ、高いですね…。
三井で家を建てて5年が経ちますが、とても快適に生活できていますよ。二階にリビングとダイニング・キッチンを持ってきましたが、夏場もファンで送風していたら涼しいです。機械で湿度もコントロールしてくれているのか、じっとりした感じもないです。
設計事務所では住宅性能に関して保証してもらえませんでした。三井ホームさんでは性能面に関して安心ができ、且つ私たちが希望する導線やデザインを提案してもらえたので、最終的に三井ホームさんで契約しました。

 

もっと詳しく三井ホームの評判・口コミを確認したい方は、こちらの「低迷期?元住宅営業マンが感じる「オーダーメイド住宅」三井ホームの評判・口コミ」をご覧になって下さい。

 

まとめ…三井ホーム以外の建築会社も検討する重要性

いかがでしたでしょうか。

今回は、三井ホームの性能に関する情報をご紹介させていただきました。

一生に一度の家づくりだからこそ、無駄だと感じるほどに複数のハウスメーカーを比較して、自分たち家族に最も適したハウスメーカーだと納得してから契約するようにして下さいね。

元住宅営業マンの立場から「これは活用しない手はない!」と感じた無料の資料請求サービスをご紹介しておきます。

上記は資料請求できる会社の、ほんの一部です。

当サイトからも毎月多くの方がこのサービスを利用しておりますので、スマホからでもPCからでも、無料で手軽に活用して下さい。

 

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

 

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。

5分で複数社の間取りをGET
ミト
ミト
住宅営業マンに一切会わずに、複数社の間取りと見積もりを比較・検討することができます。

当サイトからも毎月、多くの方がこのサービスを利用しておりますので、スマホ・PCで5分、無料で自宅に取り寄せてみて下さい。

 

一括請求の公式サイトはこちら

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。