ヘーベルハウスの保証やアフターサービスってどう?他社と比較して確認しよう!

ミト

ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

あなたが当サイトにお越しいただいたのも何かの「ご縁」だと思いますので、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」を持って帰ってくださいね。

今回は、ヘーベルハウスの保証やアフターサービスの内容について、ご紹介していきたいと思います。

▼こんな人にオススメ!▼

  • ヘーベルハウスに家づくりを任せるか迷っている
  • 家づくりにおいて、「保証・アフターサービス」に関心がある
  • 家を建てた後のサポート体制を重視して、ハウスメーカー選びをしたい

 

ヘーベルハウスの保証内容

山本家ご主人

山本家ご主人
この前仕事で東京に出張した時に、都市部で住宅の建築を考えている上司に会ったんだけど、ヘーベルハウスがおすすめだって言ってた!
山本家奥様

山本家奥様
そうなんだ!何がおすすめなんだろう?

皆さんの中には、ヘーベルハウスで家を建てようかご検討されているご家族様も多いのではないでしょうか。

ヘーベルハウスは、都市部を中心に戸建販売を行なっているハウスメーカーです。

へーベルメゾンなどのアパートや大型居住建築物にも力を入れておりますが、そのノウハウは戸建住宅にも生かされております。

詳しくはこちらの記事でもご紹介しておりますが、

  • ハイパワード工法
  • 3階建て以上を可能にする鉄骨造
  • ネオマフォーム仕様の断熱性

などなど、各所にこだわり持たせて家づくりを展開しております。

言わずもがな高品質な家なのですが、比例して坪単価も80万円以上することも珍しくないので、割と高額な商品が多いです。

それでもヘーベルハウスをおすすめする人が多い理由は、上記の品質と合わせて「保証」と「アフターサービス」がございます。

引き渡し後のサポートもまた、ヘーベルハウスの大きな魅力なのです。

この記事で、一つひとつ確認していくことにしましょう。

ミト

ミト
まずは、ヘーベルハウスの保証について詳しく見ていくことにいたします!

ヘーベルハウスの保証は最長60年間という圧巻の手厚さ

結論からいくと、ヘーベルハウスの保証は最長で60年間も継続いたします。

へーベルハウスHP参照「https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/feature/longlife/index.html/」

山本家ご主人

山本家ご主人
60年間ってすごいよね?他のハウスメーカーでは10年とか20年が多くない?
山本家奥様

山本家奥様
20年でもいい方だと思っていたけど、ヘーベルハウスはさらにその上の保証内容なんだ…!

確かに、60年間保証ということ自体、他のハウスメーカーでは類を見ない圧巻の内容なのですが、ここでひとつ勘違いしてはいけないのが、60年間保証と無料の保証期間は別ということです。

こちらを見てみると…

へーベルハウスHP参照「https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/feature/longlife/index.html/」

このように、ヘーベルハウスでは無料の保証期間を引き渡し後30年間と定めており、30年目のタイミングで集中メンテナンス工事を行えば、その後30年間も延長保証が可能になります。

山本家ご主人

山本家ご主人
なんだー、やっぱりお金がかかっちゃうんだ…
ミト

ミト
そうですね。注目すべきポイントは無料の保証期間の長さですから、まずはヘーベルハウスの保証としては30年間と意識しましょう。ただ、これでもかなりすごいんですよ?
山本家奥様

山本家奥様
そうなんですか?

ロングライフプログラムで60年間保証してもらえると思っていたら30年間だけだった…!と落ち込む方も多いかもしれませんが、初期保証が30年間も付いているハウスメーカーはまず存在しません。

あるとすれば、ハウスメーカーで一番はじめにメーカー保証を導入したミサワホームが、2019年に30年保証を導入したくらいでしょう。

他のハウスメーカーの保証については、次の章で詳しく比較できる表を掲載いたしますので、合わせてご覧になって下さい。

まとめると、ヘーベルハウスの保証はとても手厚い内容なので、引き渡し後の暮らしも安心して大丈夫という結論に至ります。

唯一の懸念点は、60年目まで保証を延長しようとした時の集中メンテナンス費用でしょうか。

引き渡し後30年目のタイミングで一気にあらゆる部分の点検および補修を行いますので、数10万程度では済みません。

当サイトの口コミの中では、

  • 360万円
  • 420万円
  • 500万円

など、かなり高額なコストをかけてメンテナンスをしていることが確認できました。

延長保証が付いているのはありがたいですが、そのハードルはなかなか高いかもしれません。

●ヘーベルハウスの保証内容●

  1. 基礎および構造上主要な箇所に対しては引き渡しから30年間の初期保証が設けられる
  2. 屋根、床、外壁部材は30年間の初期保証が設けられている
  3. 雨水の侵入などを防止する箇所に対して、引き渡しから30年間の初期保証が設けられる
  4. 住宅設備機器は10年間

※なお、引き渡し後30年目に400万円程度コストをかけてメンテナンス工事を行えば、その後60年目まで追加で延長保証が可能です。

 

他社と比較して知るヘーベルハウスの保証

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、ヘーベルハウスの保証について確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーの保証内容●

会社名 初期保証 延長保証
積水ハウス 30年間 有料点検・補修によって10年毎に可能
パナソニックホームズ 20年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
セキスイハイム 20年間
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店 10年間 瑕疵担保保険の内容です
住友不動産 10年間 引き渡し後10年目・20年目に有料工事を行う事で、最大30年目まで延長可能
トヨタホーム 30年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
住友不動産 30年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(長期優良住宅の施工邸のみで、その他は最高30年)
アイフルホーム 10年間 瑕疵担保保険の内容です
ミサワホーム 30年間 有料補修にて10年毎に延長可能
クレバリーホーム 10年間 有償メンテナンス実施で最長30年
ダイワハウス(xevo、GranWood系) 30年間 有料補修の実施にて15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外) 20年間 有料補修の実施にて10年毎に延長可能
三井ホーム 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
ヘーベルハウス 30年間 60年目まで延長可能

 

 

ヘーベルハウスのアフターサービス内容

山本家ご主人

山本家ご主人
30年間も無料で保証が付いているヘーベルハウスは、引き渡し後の生活を安心して任せられるね!
山本家奥様

山本家奥様
でも、あと一つ確認しないといけないポイントがあったような…

先ほどご紹介したように、ヘーベルハウスの保証は他のハウスメーカーと比較してもかなり手厚い内容でしたね。

ただし、引き渡し後の住まいを考えるにあたり、忘れずに保証と掛け合わせて考えるべきなのが、アフターサービスの内容です。

このサイトでは、保証の他にアフターサービスの内容に関しても、各社それぞれ比較しながらご紹介しております。

保証が手厚いヘーベルハウスですが、アフターサービスの内容はどのような内容なのでしょうか。

ミト

ミト
次に、ヘーベルハウスのアフターサービスについて詳しく見ていくことにいたします!

ヘーベルハウスのアフターサービスは保証と同様に激アツ!

ヘーベルハウスでは、ロングライフプログラムと称して独自の保証・アフターサービス体制を整えております。

その期間としてこだわっているのが「60年間のサポート体制」です。

なので、結論からお伝えすると、ヘーベルハウスのアフターサービスは60年間点検サポートでごさいます。

へーベルハウスHP参照「https://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/feature/longlife/index.html/」

山本家奥様

山本家奥様
わー!やっぱりヘーベルハウスはアフターサービスの内容も良いですね。
山本家ご主人

山本家ご主人
そうだね!これまで見てきたハウスメーカーのアフターサービスの中でもトップクラスだね!
ミト

ミト
ただし、保証と同様にアフターサービスに関しても、押さえておくべきポイントは無料点検の実施期間でごさいます。

ヘーベルハウスに関しても60年間完全に無料点検を実施するのではなく、引き渡し後30年目までが無料点検期間となります。

その後60年目までは、5年ごとに有料で点検実施が可能です。

山本家奥様

山本家奥様
なるほど、さすがに60年間完全に無料ではないんですね。
山本家ご主人

山本家ご主人
セキスイハイム等は完全に60年間無料でアフターサービスを行っているから、その内容と区別するようにしなきゃ!

とはいえ、引き渡し後30年間もの間、完全に無料でアフターサービスを実施するハウスメーカーはそこまで多くないです。

詳しくは次の章で比較表を掲載しますが、やはりヘーベルハウスのアフターサービス内容は手厚いかったと断言できるでしょう。

●ヘーベルハウスのアフターサービス●

引き渡し後30年間、無料で点検サポート実施

※30年目以降、有料点検と無料点検を5年ごとに繰り返します。

引き渡し後 直ぐに実施
引き渡し後   1年目
引き渡し後   2年目
引き渡し後   5年目
引き渡し後 10年目
引き渡し後 15年目
引き渡し後 20年目
引き渡し後 25年目
引き渡し後 30年目

~ここまで無料点検対象~

以降、5年ごとに引き渡し後60年目まで点検サポート実施

 

他社と比較して知るヘーベルハウスのアフターサービス

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、ヘーベルハウスのアフターサービスについて確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーのアフターサービス内容●

会社名 初期アフターサービス期間 延長期間などの特徴
積水ハウス 15年間 延長保証を行なった場合に、保証期間分の期間を継続
パナソニックホームズ 20年間 5年毎の有料点検にて60年目まで延長可能
セキスイハイム 60年間 60年間完全無料かつ5年毎の無料点検を継続
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
アイ工務店 10年間 最長築30年目までの有償アフターサービス有
住友不動産 10年間 10年目・20年目に有償点検を行った場合、20年目・30年目まで延長可能
トヨタホーム 25年間 5年毎に有料・無料の交互の点検サポートを60年目まで可能
ミサワホーム 20年間 有料点検の実施にて10年毎に延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(保証期間に応じて変動)
アイフルホーム 25年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友林業 25年間 有料点検の実施にて60年目まで10年毎に実施可能
クレバリーホーム 10年間 FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動
ダイワハウス(xevo、GranWood系) 25年間 有料点検の実施にて、保証期間内であれば15年毎に延長可能
ダイワハウス(xevo、GranWood系以外) 15年間 有料点検の実施にて、保証期間内であれば10年毎に延長可能
三井ホーム 30年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
ヘーベルハウス 30年間 その後5年毎に60年目まで延長可能

 

 

元住宅営業マンからの、ヘーベルハウスの保証やアフターサービス評価

ミト

ミト
やはり凄かった、と言わざるを得ない保証とアフターサービスを兼ね備えておりますね!

ヘーベルハウスの保証とアフターサービスは、共にかなり充実した内容であると断言できます。

確かに契約する際の金額は高額ですが、実際に住んでからの安心感や何かあった時の頼れる規模感が得られる分、納得した買い物ができそうです。

保証とアフターサービスの両方に力を入れているハウスメーカーの数は限られますが、その中の一つに間違いなくヘーベルハウスも加わってくるでしょう。

都市部の3階建や、二世帯住宅を検討されている方は特に、この記事を参考にしてヘーベルハウスでの暮らしを検討してみてはいかがでしょうか。

ただし、何度も言いますが、とことん他のハウスメーカーと比較することを忘れないでくださいね!

ヘーベルハウスの保証・アフターサービスに関する評判・口コミ

ヘーベルハウスの保証やアフターサービスに関連する評判・口コミを一部抜粋して掲載しておきます。


他のどのハウスメーカーよりも建てた後のフォローが充実していると感じたので、ヘーベルハウスで家を建てました。満足しています。

土地の形状が変わった形をしていたのですが、ヘーベルハウスでは建築が可能であり、かつ長期優良住宅や60年保証も捨てずに家を建てられました。他のハウスメーカーでは断られたのですが、ヘーベルハウスだけはできると言ってくれました。

へーベルメゾンに住んでいた時から旭化成ホームズには信頼を持っていました。ただ、金額が高すぎたので契約には至っておりません。長い間アフターサービスを行ってもらえるから、お金をかけてヘーベルハウスで家を建てても良かったかなと思っています。

 

→もっと詳しくヘーベルハウスの評判・口コミを見てみたい方はこちらの記事へ!

 

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないためのヒント

現在日本の新設住宅着工戸数は年間で974,137戸、その内マイホームとして住宅を建築される家は年間で291,783戸にも登ります。(平成28年度)

私が住宅営業マンとしてハウスメーカーに勤め、多くのお客様のマイホーム計画に寄り添ってきた経験の中で、家を建てられた多くの方々の中には「もう一度家づくりをやり直したい…」と後悔をする方が予想以上に多いことに驚きました。

建築会社の間取りや見積もりなどの提案内容を、できる限り幅広く比較検討した上で契約を行っているご家族様が少ないのです。

だからこそ、空いている時間にでも構わないので、複数の建築会社の間取りや見積もりを見ておかれることをおすすめします。

自宅に「希望の間取り」と「見積もり金額」を各社から取り寄せられる無料請求のサービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

➡︎間取り・見積もりと会社カタログの無料請求はこちら

➡︎無料請求した間取り・見積もりのサンプル、請求の手順・流れを知りたい人はこちら

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事がありません。