クレバリーホーム

クレバリーホームの保証やアフターサービスってどう?他社と比較して確認しよう!

ミト
ミト
みなさん、こんにちは。マイホームプランナーのミトです。

元住宅営業マンで、現在はフリーの立場から、家づくりのお役立ち情報をお伝えしております。

あなたが当サイトにお越しいただいたのも何かの「ご縁」だと思いますので、ぜひ「マイホーム計画に活かせる知識」を持って帰ってくださいね。

今回は、クレバリーホーム の保証やアフターサービスの内容について、ご紹介していきたいと思います。

▼こんな人にオススメ!▼

  • クレバリーホームに家づくりを任せるか迷っている
  • 家づくりにおいて、「保証・アフターサービス」に関心がある
  • 家を建てた後のサポート体制を重視して、ハウスメーカー選びをしたい

クレバリーホームの保証内容

山本家奥様
山本家奥様
クレバリーホーム って、タイルの外壁が標準で付いてくるハウスメーカーだよね!
ミト
ミト
そうです。ただ、他の大手メーカーとは違い、フランチャイズ方式で経営を行なっているハウスメーカーでもございますね。
山本家ご主人
山本家ご主人
フランチャイズのメーカーか…、家を建てた後のアフターサービスや、その後の保証内容が気になるな。

みなさんの中には、クレバリーホームの家を建てる方向で、将来の住まいづくりを進めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

クレバリーホームでは、タイル外壁やメンテナンスフリー部材が、他のハウスメーカーと比べて割安で採用できる点が、多くの人たちを魅了している最たる要因だと感じます。

その一方で、実際に家を建てた後に備えられている保証や、引き渡し後のアフターサービス内容に関して、若干の不安を感じている方々も、少なからずいらっしゃるのが事実です。

家作りは、家を建てることが最終目標ではなく、その家に、長く、快適に、安心して暮らしていくことが大切ですよね。

だからこそ、クレバリーホームを検討している方は特に、クレバリーホームの保証やアフターサービスの内容について、しっかり知っておくようにしましょう。

ミト
ミト
と、いうわけで、まずはクレバリーホームの保証について詳しくご紹介していきます。

クレバリーホームの保証は長期30年間保証?

クレバリーホームを検討されている方の多くが、

「クレバリーホームの保証は、30年間の長期保証!」

と考えているのですが、結論からいいますと、実際の初期保証は引き渡し後10年間のみでございます。

山本家奥様
山本家奥様
ええー!でも、クレバリーホームの営業さんも、「うちは大手ハウスメーカーと同様に、30年間の保証を受けられますよ」って言ってましたよ?
ミト
ミト
実は、30年間というのは、クレバリーホームの有償メンテナンスを受けた方が得られる最長の保証期間でございます。
山本家ご主人
山本家ご主人
有償メンテナンスが必要?

こちら、クレバリーホームのHPの内容をご覧ください。

クレバリーホームHP参照:「https://www.cleverlyhome.com/concept/」

大きな見出しで30年間保証を謳っておりますが、

もう少しよくよく見てみると、引き渡しから10年目、20年目のタイミングで「有償メンテナンス」の項目が挟まれているのが分かりますね。

クレバリーホームHP参照:「https://www.cleverlyhome.com/concept/」

他のハウスメーカーでもよくありがちなのですが、有償メンテナンスを受けたご家族様限定で、追加で10年ずつ、最長ので30年間の保証を付与するというシステムを、クレバリーホームでも採用しております。

なので、クレバリーホームで家を建てれば、全員が30年間保証を得られるという考えは、実は間違っておりますので、その辺り、充分にご注意下さい。

人によっては、10年目に有償メンテナンスを行わず、瑕疵担保責任保険と同様の内容(国が定める最低ラインの保証)で保証期間が終了する可能性もございます。

山本家奥様
山本家奥様
やっぱり、フランチャイズのメーカーだから、そこまで保証のサポート内容は充実してないんですね…
ミト
ミト
「最長30年間」という文言と比べると、確かに見劣りする部分はあるかもしれませんが、しかし私は、決してクレバリーホームの保証が安心できない、とは考えておりません。
山本家ご主人
山本家ご主人
そうなんですか?

クレバリーホームを始め、フランチャイズ方式で事業展開を行うハウスメーカーは、実は他にもございます。

例えば、

  • アイフルホーム
  • ヤマダ・エスバイエルホーム
  • ユニバーサルホーム
  • イシンホーム
  • クレバリーホーム

などなど、ですね。

そして、上記フランチャイズのハウスメーカーの保証内容をそれぞれ詳しく見てみますと…

アイフルホーム 10年間のみ
ヤマダ・エスバイエルホーム 30年間
ユニバーサルホーム 10年間のみ
イシンホーム 加盟店毎に異なり不明
クレバリーホーム 最長30年間

 

山本家奥様
山本家奥様
本当だ!クレバリーホーム の保証は、実は他のメーカーに劣っていないんだ!
ミト
ミト
そうです。

10年ごとにメンテナンスを受ける・受けないは、そのご家族様の事情により様々だと思います。

ただし、一律で「瑕疵担保責任保険」の10年保証、とはせず、最長30年間の保証が得られる体制を作っているのは、フランチャイズでコストを抑えた建築が可能なメーカーで考えるとむしろ手厚いです。

引き渡し後も保証を充実させたい人は、10年、20年目に有償メンテナンスを受け、特に保証にこだわらない方は、有償メンテナンスを行わず、必要になった時に補修工事をお願いしましょう。

まとめると、クレバリーホームで建築された住宅の保証内容は、下記の通りです。

●クレバリーホームの保証内容●

10年間の初期保証+最長の20年追加で保証取得可能

①基礎や屋根、柱など、構造上主要な箇所に対しては引き渡しから10年間の初期保証が設けられている

②雨水の侵入などを防止する箇所に対して、引き渡しから10年間の初期保証が設けられる

※上記の2つは、通常備えられている瑕疵担保責任保険(引き渡し後から10年間保証)と同様

③10年目以降、クレバリーホームが定める有料メンテナンスを行った場合、10年間ずつ延長保証

④最長で30年間の保証が取得可能

他社と比較して知るクレバリーホームの保証

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、クレバリーホームの保証について確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーの保証内容●

会社名 初期保証 延長保証
積水ハウス 30年間 有料点検・補修によって10年毎に可能
ヘーベルハウス 20年間 無し
ダイワハウス 20年間 有料補修の実施にて10年毎に延長可能
セキスイハイム 20年間
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
三井ホーム 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
アイ工務店 10年間 瑕疵担保保険の内容です
ミサワホーム 30年間 有料補修にて10年毎に延長可能
パナホーム 35年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 30年間 10年毎の有料補修にて60年目まで延長可能
住友不動産 30年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
タマホーム 10年間 最長60年(長期優良住宅の施工邸のみで、その他は最高30年)
アイフルホーム 10年間 瑕疵担保保険の内容です
住友林業 10年間 10年毎の有料補修の実施にて30年目まで延長可能
クレバリーホーム 10年間 有償メンテナンス実施で最長30年

 

 

 

クレバリーホームのアフターサービス内容

山本家ご主人
山本家ご主人
クレバリーホームの保証についてはしっかりと抑えられたぞ!
山本家奥様
山本家奥様
そうね!でも、クレバリーホームのアフターサービスはどうなんだろう?

家づくりにおいて、引き渡し後に特に重要なのが、保証とアフターサービスの内容です。

特に、アフターサービスは、無料点検と有料点検とで大きく受けられるサービスが異なりますので、ハウスメーカーと契約する前の段階で、必ず確認しておく必要がございます。

ミト
ミト
ここでは、クレバリーホームのアフターサービスについて見ていくことにしましょう!

※管理人ミトは、アフターサービス(無料で点検を受けられるサポート期間)に関しては、マイホームの性能や間取りと同等に、ハウスメーカー選びを行う比較材料になると管理人は考えております。

詳しくは「アフターサービスは超重要」の記事を参考にしてみてくださいね。

クレバリーホーム のアフターサービスは10年間の無料点検

結論からいきますと、クレバリーホームのアフターサービスは10年間の無料点検でございます。

クレバリーホームHP参照:「https://www.cleverlyhome.com/concept/」
山本家奥様
山本家奥様
10年間だけかー、他の大手ハウスメーカーと比べると少し見劣りしてしまうなー…
ミト
ミト
ただ、もう少しお伝えしますと、建築を依頼する店舗ごとによっても、アフターサービスの対応は異なります。
山本家ご主人
山本家ご主人
どういうこと?

この記事の序盤でもお伝えしました通り、クレバリーホームはフランチャイズのハウスメーカーでございます。

初期保証期間である引き渡し後10年目までは、クレバリーホームのどの店舗も共通で、無料の点検サポートが受けられます。

ただし、その後の点検サポートに関しては、

  • 有償メンテナンスて延長した保証期間のみ、無料点検を実施する。
  • お客様から相談を受けた場合、30年目までは無料で点検に来てもらえる。
  • 10年目の無料点検以降、必要であれば有料点検を行う

というように、店舗毎に対応が違うため、クレバリーホームのアフターサービスの口コミも様々でございます。

なので、「ズバリ、クレバリーホームのアフターサービスはこうだ!」とお伝えしきれないのが率直な答えです。

山本家奥様
山本家奥様
そうなんですね。じゃあ、実際に家づくりを任せる店舗に聞くしかないんだな〜!
ミト
ミト
その通りです。そして、結構大切なことなので、質問をするタイミングは契約の前を心掛けましょう。

クレバリーホームのアフターサービス内容●

  • 引き渡し後10年目まで、無料で点検サポートを実施
  • 無料期間内のアフターサービス頻度は、

引き渡し後 半年
引き渡し後  1年
引き渡し後  2年
引き渡し後  5年
引き渡し後 10年

の、計5回

  • 引き渡し後10年目以降のアフターサービス内容は、クレバリーホームの各店舗毎によって異なる(フランチャイズ経営のハウスメーカーだから)

他社と比較して知る積クレバリーホームのアフターサービス

実際に、他のハウスメーカーと比較しながら、クレバリーホームのアフターサービスについて確認してみましょう。

●有名ハウスメーカーのアフターサービス内容●

会社名 初期アフターサービス期間 延長期間などの特徴
積水ハウス 15年間 延長保証を行なった場合に、保証期間分の期間を継続
ヘーベルハウス 30年間 30年目の大型メンテナンスでその後5年毎に60年目まで延長可能
ダイワハウス 20年間 有料点検の実施にて50年目まで延長可能
セキスイハイム 60年間 60年間完全無料かつ5年毎の無料点検を継続
一条工務店 10年間 30年目まで可能だが、10年毎に金額発生
三井ホーム 30年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
アイ工務店 10年間 最長築30年目までの有償アフターサービス有
ミサワホーム 20年間 有料点検の実施にて10年毎に延長可能
パナホーム 25年間 10年毎の有料点検にて60年目まで延長可能
トヨタホーム 25年間 5年毎に有料・無料の交互の点検サポートを60年目まで可能
住友不動産 お客様センターへ問い合わせなければ点検は行われない
タマホーム 10年間 最長60年(保証期間に応じて変動)
アイフルホーム 25年間 有料点検の実施にて60年目まで延長可能
住友林業 25年間 有料点検の実施にて60年目まで10年毎に実施可能
クレバリーホーム 10年間 FC経営のため、その後の対応は各ビルダーによって変動

 

各社資料を一括請求できる公式サイトはこちら>>

元住宅営業マンからの、クレバリーホームの保証やアフターサービス評価

ミト
ミト
価格を抑えた建築ができるフランチャイズメーカーの中では、独自の保証を設けており安心できると言えます!

クレバリーホームのようなフランチャイズメーカーであれば、完全にビルダー任せにしている建築会社も多いです。

ただ、クレバリーホームに関してはそんなことはなく、保証、アフターサービス、共に最長30年間という長期間のフォロー体制を設けております。

確かに他の大手ハウスメーカーと比較すると、少なからず見劣りしてしまうのは止むを得ません。

しかし、クレバリーホームの住宅の魅力の一つに、大手ハウスメーカーと比較した時の「価格の安さ」があります。

価格が安ければアフターサービスもない、というわけではないので、家づくりを考えているご家族様によっては、ちょうど良いところ取りをできるのではないか、と考えられます。

ただし、フランチャイズのハウスメーカーである以上、必ず契約前に、保証とアフターサービスの内容について、営業マンに確認しておくようにしましょう。

クレバリーホームの保証・アフターサービスに関する評判・口コミ

クレバリーホームの保証やアフターサービスに関連する評判・口コミを一部抜粋して掲載しておきます。

クレバリーホームで家を建てました。理由はタイルの外壁です。おしゃれな雰囲気に惹かれてタイルを選びましたが、汚れがまったくつきません!(ちなみに建築8年目です)点検に来てもらう必要もあまり感じません。
建てた後10年程して保証がきれた。その後、点検担当の人をはじめ、クレバリーホームの担当者へ連絡が繋がらなくなった。
アフターサポートでは、家の床下や天井裏まで確認いただき、何かあった時でも早めに対応することができるから頼りになりますね!

→もっと詳しくクレバリーホームの評判・口コミを見てみたい方はこちらの記事へ!

もう一度家づくりをやり直したい…。後悔しないためのヒント

現在日本の新設住宅着工戸数は年間で974,137戸、その内マイホームとして住宅を建築される家は年間で291,783戸にも登ります。(平成28年度)

私が住宅営業マンとしてハウスメーカーに勤め、多くのお客様のマイホーム計画に寄り添ってきた経験の中で、家を建てられた多くの方々の中には「もう一度家づくりをやり直したい…」と後悔をする方が予想以上に多いことに驚きました。

建築会社の間取りや見積もりなどの提案内容を、できる限り幅広く比較検討した上で契約を行っているご家族様が少ないのです。

だからこそ、空いている時間にでも構わないので、複数の建築会社の間取りや見積もりを見ておかれることをおすすめします。

自宅に「希望の間取り」と「見積もり金額」を各社から取り寄せられる無料請求のサービスを使えば、時間もお金もかからず営業マンと話をすることなく、とりあえず資料だけ取り寄せられるため、使いやすいです!

 

一括請求の公式サイトはこちら▶︎▶︎

 

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。

5分で複数社の間取りをGET
ミト
ミト
住宅営業マンに一切会わずに、複数社の間取りと見積もりを比較・検討することができます。

当サイトからも毎月、多くの方がこのサービスを利用しておりますので、スマホ・PCで5分、無料で自宅に取り寄せてみて下さい。

 

一括請求の公式サイトはこちら

※「資料請求、どうしようかな…」と迷っている方は、先に資料請求の手順・郵送方法を確認してみましょう。